ファイトケミカル

植物に含まれるポリフェノールなどの微量栄養素をファイトケミカルまたはフィトケミカル(Phytochemical,野菜の化合物)と言います。ポリフェノールは、フェノールC6H5OHが複数結合した有機化合物で、動植物において様々なホルモンや神経伝達物質として作用します。漢方薬やハーブ類にも様々なファイトケミカルが含まれ、有史以来人類はこれを生薬として(アジアでは漢方薬として)活用してきました。ファイトケミカルは、植物が生き延びるために長い進化の過程で獲得してきた武器のようなものです。人類はこれを食べることにより植物から武器を貰っているのです。野菜を食べることは、脳を守るための武器を補給することに他なりません。様々な種類の野菜類を、どんどん補給しましょう。

「君がため 春の野にいでで 若菜つむ わか衣手に 雪は降りつつ」光孝天皇、百人一首
「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ これぞななくさ」四辻善成、河海抄

このように日本人は、古来ファイトケミカルを食生活に取り入れて来ました。主食だって、精白米だけを食べるような習慣は無く、稲に、麦、ヒエ、アワ、キビ、ゴマ、小豆、蓑を混ぜて食べていました。

※参考書籍、
「食べ物で健康になりたい人が読む本」藤田きみゑ、創元社
「病気を治す!命の新野菜スープ」高橋弘、宝島社

脳神経作用を有するポリフェノール

イチョウ葉エキス・・・認知記憶力を改善することが示唆されています。抗うつ作用を持つ可能性指摘。

イチョウ葉エキスを用いたガム

※咀嚼による脳の活性化

硬い食べ物や、ガムを噛むことが認知症予防に効果があるという実験があります。子供の発達にも良いはずです。イチョウ葉エキスのガムには、咀嚼とイチョウ葉の両方の効果が相乗作用することが期待されます。

クルクミン・・・カレーの成分、ターメリック(ウコン)に含まれるポリフェノール。インドの認知症患者はアメリカの4分の1という統計もあります。週に1回はカレーを食べましょう。

ハウス、ウコンの力

カフェイン・・・中枢神経刺激食品。過剰摂取に注意して摂りましょう。

クロロゲン酸・・・浅煎りコーヒーに含まれるファイトケミカル。ストレス軽減作用、糖尿病予防効果が期待される。コーヒーをよく飲む人はうつ症状を呈しにくいという報告。

※国立がん研究センター論文概要
http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/352.html
 
キーコーヒー、ドリップオン

ココア、チョコレート・・・中枢神経刺激食品。チョコレートを求める場合はカカオ70%以上のものを買いましょう。カレドショコラ88を推奨します。ハイカカオチョコレートに慣れていない場合は、これを「美味しい」という感覚が持てないかもしれませんが、定期的にハイカカオのチョコレートだけを食べ続けて行けば、自然と美味しく感じることができるようになるはずです。カカオポリフェノールがBDNF(脳由来神経栄養因子)を増加させるという研究もあります。

※明治製菓HP、カカオポリフェノールの健康効果について

http://www.meiji.co.jp/chocohealthlife/news/research.html

カレドショコラ88

カテキン・・・緑茶の旨味成分であるポリフェノール。抗ストレス作用、精神安定作用、リラックス作用、鎮静作用があるとされます。緑茶をよく飲む人はうつ症状を呈しにくいという報告があります。

スルフォラファン・・・ブロッコリースプラウトに含まれる、免疫賦活物質。

カプサイシン・・・唐辛子、シシトウに含まれる、代謝を高め、脂肪分解を促進するファイトケミカル。

ジンゲロール・・・ショウガに含まれる、抗アレルギー作用、抗炎症作用を持つファイトケミカル。

永谷園、生姜スープ

リコピン・・・トマトに含まれる、抗酸化作用、ガン予防作用、糖尿病予防作用を持つファイトケミカル。

※カゴメのリコピンによる生活習慣病予防効果研究 

アリシン・・・ニンニクに含まれる、殺菌作用、免疫賦活作用を持つファイトケミカル。

カゴメ、基本のトマトソース

カロテン・・・ニンジン、カボチャ、モロヘイヤに含まれる。免疫賦活作用を持つファイトケミカル。

抑肝散(ヨクカンサン)・・・古来、子供の癇癪に適応されてきた漢方薬。神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症などが効能とされています。近年の研究で、うつ病、認知症への効果も期待されています。

クラシエ、抑肝散

全薬工業、アロパノール(抑肝散)

遠志(オンジ)・・・イトヒメハギ(糸姫萩、ヒメハギ科の多年草)が使われた漢方薬。物忘れ対策の効能が認められた漢方薬。3類医薬品です。

小林製薬、ワスノン

クラシエ、アレデル

ロート製薬、キオグッド

大正製薬、メモリーケア

セントジョーンズワート・・・セイヨウオトギリソウ(西洋弟切、オトギリソウ科の多年草)のハーブ。弱いSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害)作用があると言われています。つまりセロトニンが増えるのですね。軽いうつ傾向の場合は、これを使ったサプリメントを、パッケージに書かれた用法量の半分とか4分の1を毎日飲むだけで、2週間程度で改善を実感できることがあります。

DHC、セントジョーンズワート

佐藤製薬、セントジョーンズワート

ヤマイモ・ナガイモに含まれる配糖体ジオスゲニンによる健常人の認知機能向上効果を認める研究があります。

※富山大学のプレスリリース
https://www.u-toyama.ac.jp/education/news/2017/1030.html