カテゴリー
トピックス

クミスクチン茶の減量作用

Screenshot of en.wikipedia.org

 
沖縄三大薬草と言われる「クミスクチン」、学名”Orthosiphon aristatus”、和名「ネコノヒゲ」のお茶に、様々な健康作用が期待されています。ちなみに三大薬草の残り2つは、ウコンとグアバです。

※クミスクチンの伝統的な効用を報告する論文
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22846075
 
クミスクチンは民間薬として世界中で使われてきました。利尿、低血糖、腎保護、抗酸化、抗炎症、肝保護、胃保護、抗高血圧、抗糖尿病、抗高脂血症、抗菌および食欲増進作用が期待されています。