カテゴリー
トピックス

肉類のアラキドン酸ランキング

Created by David R. Throop, Vectorized by Fvasconcellos, Translated into Japanese and modified by w:ja:User:にょろん [CC0]

現代病である慢性炎症アレルギーを予防するために、下記に紹介している記事で次のようなことが分かってきました。

・オメガ3の中でも特にEPAを良く摂るべき。EPAは炎症抑制エイコサノイドの前駆物質である。
・オメガ6の中でも特にARAアラキドン酸を抑制すべき。アラキドン酸は炎症亢進性エイコサノイドの前駆物質である。

ということで、日本食品標準成分表2015年版(七訂)脂肪酸成分表(肉類)から、アラキドン酸のランキングを抽出してみました。可食100gあたりアラキドン酸の多い食品と、少ない食品です。スーパーで入手できないものは除外してあります。

※文科省、日本食品標準成分表2015年版(七訂)

https://www.mext.go.jp/a_menu/syokuhinseibun/1365295.htm

アラキドン酸ARAの多い(控えた方が良い)肉ランキング
食品名、100gあたりARA量(mg)

1位、ぶたスモークレバー、670mg
2位、がちょうフォアグラゆで、210mg
3位、ぶたレバーペースト、200mg
4位、まがも肉なま、170mg
4位、うしレバーなま、170mg
6位、ぶたロース脂身、150mg
7位、にわとりレバーなま、120mg
8位、にわとり皮なま、110mg

アラキドン酸ARAの少ない(積極的に摂るべき)肉ランキング
食品名、100gあたりARA量(mg)

1位、にわとり軟骨、3mg
2位、くじら赤身肉、8mg
3位、うしもも赤肉、10mg
4位、うま赤肉、12mg
5位、うしサーロイン赤肉、13mg
5位、うしバラ肉、13mg
7位、にわとりササミ、20mg
8位、ラムロース肉、24mg

どうでしょうか、肉を摂るなら「レバーや脂身を避けて」「豚よりも牛やラムの赤身肉」というのがポイントになりそうです。

※参考記事

慢性炎症対策食品

オメガ3脂肪酸の摂り方

オメガ3を増やしてオメガ6を減らせ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。