農家は長寿でピンピンコロリ

Screenshot of www.waseda.jp

早稲田大学重点領域研究機構の持続型食・農・バイオ研究所の研究によると自営農業従事者は他の分類の人々よりも平均寿命が長く、健康寿命が長く、いわゆるピンピンコロリを実践できているということが判明しています。農業従事者が多い都道府県では一人当たり医療費が少ないことも示唆されているそうです。長く働けるのですから脳の健康も維持できているでしょう。

男性:自営農業者の平均死亡年齢81.5歳、それ以外73.3歳
女性:自営農業者の平均死亡年齢84.1歳、それ以外82.5歳

男性:引退までの就労期間50.8年、それ以外37.5年
女性:引退までの就労期間49.1年、それ以外28.0年

男性:引退後死亡までの期間7.4年、それ以外9.6歳
女性:引退後死亡までの期間11.0年、それ以外19.3歳

なんとも素晴らしいデータですね。自営農業者は元気に長く働けてピンピンコロリできる素晴らしい職業というわけです。じゃあ自営農じゃない普通の庶民はどうしたらよいのでしょう。それは「なるべく自営農業者の生活に近づける努力をする」ということになりますね。箇条書きに致しますので御参考になさって下さい。

  • 早寝早起き
  • 外で身体を使う仕事をする
  • エアコンは使わない
  • 日光に当たる
  • 無農薬無化学肥料の食材を食べる

なんだか現代社会のデスクワークの生活とは全然違いますね。ある程度意識して生活を修正していかないと自営農業者の生活に近づけることはできないですね。頑張りましょう!

リコピンで脂肪肝を予防せよ

Screenshot of ja.wikipedia.org

リコピン(リコペン)はトマトの色素ですが、降圧作用が期待されています。更に、動物実験で、非アルコール性脂肪肝の予防にも役立つことが示唆されています。

※リコピンが肥満ラットの非アルコール性脂肪肝疾患の生理学的プロセスを調節した報告。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31387231

この論文によると、10週間のリコピン摂取により脂質代謝改善、高密度リポタンパク質コレステロール(HDL善玉コレステロール)の増加、TNF-αおよびマロンジアルデヒドMDA(いずれも炎症・酸化ストレスマーカー)の軽減を示し、肝臓の抗酸化能を改善したということです。

※毎日25mg以上のリコピン摂取でLDL(悪玉)コレステロールを約10%減らす可能性を示唆する論文

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21163596

トマトと言えばカゴメですね。カゴメのプレスリリースからトマトの健康効果を御紹介致します。トマトの健康効果凄いですね!

※リコピンが花粉症の自覚症状を改善する報告

https://www.kagome.co.jp/company/news/2007/000422.html

※リコピンの抗アレルギー作用を報告

https://www.kagome.co.jp/company/news/2005/000655.html

※トマトジュースの喘息症状改善報告

https://www.kagome.co.jp/company/news/2003/000230.html

※トマトジュースの男性不妊改善報告

https://www.kagome.co.jp/company/news/2011/001278.html

※運動とトマトジュース摂取の併用により血圧低下報告

https://www.kagome.co.jp/company/news/2006/000608.html

※リコピンの網膜抗酸化作用

https://www.kagome.co.jp/company/news/2001/010601.html

※リコピンのメラニン抑制(美白)効果

https://www.kagome.co.jp/company/news/2001/010312.html

※トマトのパーキンソン症抑制効果

https://www.kagome.co.jp/company/news/2000/000403.html

カゴメ、トマトジュース

ゴーダチーズで血圧を下げろ!

Screenshot of www.meg-snow.com

チーズに抗酸化作用があり、血液中のHDL-コレステロール(いわゆる善玉コレステロール)をゆるやかに増やす働きがあると報告されています。善玉コレステロールを増やし、悪玉(LDL)コレステロールを減らす結果として血圧低下作用も期待されています。特に、かび系チーズ、ウォッシュタイプチーズには高い抗酸化活性があると報告されています。

※熟成8ヶ月のゴーダチーズの降圧作用が最も強かったと報告する論文

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10908049

この論文では、天然チーズに含まれるペプチドにACE阻害活性があったと報告されています。

Screenshot of ja.wikipedia.org

ACE阻害薬には、降圧作用、腎保護作用、インスリン感受性改善などの作用が報告されています。乳製品に含まれるLTP(ラクトトリペプチド)にACE阻害作用があり、これを利用した健康食品も発売されています。他に、豆類,野菜類,果実類、モロヘイヤ,クレソン,アシタバ,ハヤトウリ,キノコ類,鰹節にもACE 阻害活性があると報告されています。

※参考論文

https://www.jstage.jst.go.jp/article/nskkk/59/7/59_348/_pdf/-char/ja

カルピス、アミールサプリメント

オランダ産ゴーダチーズ