言葉のクスリ、菜根譚を読む3

菜根譚ビギナーズ・クラシックス、湯浅邦弘

処世術を教えてくれる中国古典名著「菜根譚」ですが、養生訓として読むこともできると思います。

後集133条
茶不求精而壷亦不燥(ちゃはせいをもとめざるも、つぼまたかわかず)
酒不求冽而樽亦不空(さけはれつをもとめざるも、たるまたむなしからず)
素琴無絃而常調、短笛無腔而自適(そきんはげんなきもつねにととのい、たんてきはこうなきもおのずからてきす)
縦難超越羲皇、亦可匹儔荊嵆阮(たといぎこうにちょうえつしがたきといえども、またけいのけいげんにひっちゅうすべし)

※意訳
高価な茶を求めるわけではないが、お茶はいつも飲んでいる。酒だって高価なものは求めないが、樽に絶やさず毎日楽しむ。質素な琴や小さな笛は、弦も無く穴も無いから音は鳴らないのだが、心の中で美しい調べを奏でている。文字を発明したとされる古代の伏羲王のような立派な人物にはなれないけど、竹林の七賢者と呼ばれる嵆康と阮籍に匹敵する隠者の境地に至ることはできるだろう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/伏羲

https://ja.wikipedia.org/wiki/竹林の七賢

※鑑賞
お茶も酒も、高級品である必要は無いが、定期的に摂取すべきと言っているわけです。そして、想像力を働かせて、精神のリラックスを心掛けていれば、隠者の境地に至ってストレスから解放され、うつ病予防になりますよと教えているわけです。

「酒は百薬の長」ということわざがありますが、これと同じことを言っているわけですね。リラックスして人生を楽しめということですね。

言葉のクスリ、菜根譚を読む2

菜根譚ビギナーズ・クラシックス、湯浅邦弘

処世術を教えてくれる中国古典名著「菜根譚」ですが、養生訓として読むこともできると思います。

前集11条
藜口莧腸者(れいこうけんちょうのものは)
多冰清玉潔(ひょうせいぎょっけつおおく)
袞衣玉食者(こんいぎょくしょくのものは)
甘婢膝奴顏(ひしつどがんにあまんず)
蓋志以澹泊明(けだしこころざしはたんぱくをもってあきらかなるも)
而節從肥甘喪也(せつはひかんよりうしなうものなり)

※意訳
藜(あかざ)や莧(ヒユ=アマランサス)のような粗食で、
氷や宝石のように心が清らかに磨かれる。
袞衣(龍の刺繍の衣)や玉食(豪華な食事)では、
従僕のように媚びへつらう精神に落ちるだろう。
思うに、信念は淡白質素な生活によって光り輝くが、
その節度は贅沢な食事で失われてしまうものだ。

※鑑賞
アカザやアマランサスのような質素な食事で、食べ過ぎに注意していれば、精神疾患の予防ができるということでしょうか。アカザというのはホウレン草の近縁種のようですが、現代ではあまり食べる人は居ないようです。ヒユ=アマランサスは、種を加熱して雑穀として食べたり、茎を茹でたりして食用されたようです。いずれにしても低炭水化物の質素な食物だったようです。

そして、豪華な服装と食事は、精神を破壊すると述べています。豪華な服装というのは、金銭の浪費ということでしょうか。外見を気にするということは、他人の目を気にしすぎることですね。そういうのは精神の健康を損ねますよと言っているわけです。

食事も生活も質素にすることが精神の健康に役立ちますよ、ということを教えてくれているわけです。無理はするな、ということですね。

糖質制限食の長期摂取が老化に与える影響

https://www.flour.co.jp/news/article/643/

これは、マウスを3グループに分けて、「通常食」「高脂肪食」「炭水化物抜き」の食事で1年間飼育したところ、「通常食」と「高脂肪食」の死亡率に差は無かったが、「炭水化物抜き」のグループは死亡率が上昇して見た目も老化が進行したという報告です。

「過ぎたるは及ばざるがごとし」と言いますが、糖質制限ダイエットもやり過ぎは良くないという事でしょうか。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B3%96%E6%96%B0%E7%94%9F

マウスもヒトも、「糖新生」の代謝回路を用いて体内でタンパク質や脂質からブドウ糖(グルコース)を生合成できますが、食事からの炭水化物抜きで、全てを糖新生だけで賄うことはできないということなんですね。上記実験は動物実験なので「炭水化物抜き」の食事を試すことができましたが、実際の人間生活では炭水化物を完全に抜くことは事実上不可能ですから、それほど心配する必要は無いでしょう。普通の人は、脳の働きを健康に保つために「炭水化物の摂りすぎ」に気をつけるだけで良いでしょう。

一般的な糖質制限食は1日130g未満の糖質を目指すと言われています。例えば、オニギリ1個で約40gの糖質ですから、毎食1個のオニギリを食べて、あとは肉とか野菜を少々食べる程度であれば、立派な糖質制限食ですし、「糖質を抜きすぎ」という心配も無いのです。

外食とか弁当とかインスタント焼きそばとかの栄養成分を見ると、1食100gを超える炭水化物ということも珍しくありません。そんな食事を続けたら脳に良くないですね。