カテゴリー
トピックス

断食で記憶力を高める

Screenshot of ja.wikipedia.org

こちらはブレインフードのサイトということで「脳に良い食べ物」を論文検索などで探し続けてきましたが、逆に食べないことが記憶力を高めるかもしれないという研究報告を見つけてしまいました。折角なので御紹介致します。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31804775-intermittent-fasting-increases-adult-hippocampal-neurogenesis/

この論文では、マウスの動物実験ですが、3ヶ月間にわたって、12~24時間の短期断食を繰り返した場合に、記憶を司る脳の海馬神経新生を増加させた兆候がみられたということが報告されています。断食により栄養が途絶えると体中の細胞が危機を察知して生き延びるために頭を働かせる準備をし始める、ということでしょうか。

Screenshot of www.jst.go.jp

こちらはショウジョウバエを使った実験で、空腹状態になると記憶力があがる仕組みを解明した研究です。空腹で血糖値が下がりインスリン分泌が減ると長期記憶を造り出す遺伝子の発現が促進されるのだそうです。ヒトでもインスリンは使われているのでハエと同じ仕組みで記憶力をたかめる可能性があるようです。

断食をするときも、脱水症状になると危険ですから、是非水分はどんどんとって頂きたいと思います。断食の他、炭水化物を絶つという方法もあると思います。ゴハンやパンを半日絶つ程度なら気軽にチャレンジできます。夕食の炭水化物を抜けば12時間位は簡単に抜くことができます。

※参考書籍

山田豊文、脳と体が若くなる断食力

カテゴリー
トピックス

金芽米でLPSを摂れ!

Screenshot of www.macrophi.co.jp

免疫細胞マクロファージを活性化する栄養成分、LPSリポポリサッカライド(リポ多糖類)の6ヶ月経口摂取により高齢者の認知機能改善が期待できるとする報告があります。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31763002-efficacy-of-continuous-ingestion-of-dewaxed-brown-rice-on-the-cognitive-functions-of-the-residents-of-elderly-welfare-facilities-a-pilot-test-using-crossover-trial/

LPSは、玄米や全粒粉で摂ることができますが、ヌカだけを除去した「ロウカット玄米」や、米ぬかの内側の薄い「亜糊粉層」を残した「金芽米」でも摂取できます。

Screenshot of www.toyo-rice.jp

金芽米は「ほっともっと」の弁当や、「やよい軒」の定食に使われています。お弁当や外食を探しているときは、これらのお店を探してみましょう。

Screenshot of www.plenus.co.jp

ほっともっとの弁当を食べてみれば分かりますが、「金芽米」は普通の白米と区別がつきません。金芽米の米粒を良く見ると金色の胚芽が付着していることが分かります。この部分を残すように精米しているのです。

東洋ライス、金芽ロウカット玄米

トーヨーライス、タニタ食堂の金芽米(国産米) 4.5kg

※参考書籍

杣源一郎、「免疫ビタミン」のすごい力 – ガンも認知症も寄せつけない

カテゴリー
トピックス

タウリンで記憶力を維持

Screenshot of en.wikipedia.org

タウリンが記憶力の維持、心不全改善、肝炎改善、抗不安作用に役立つかもしれないという研究報告があります。

※タウリンが記憶力を司る海馬細胞の高血糖誘発細胞死を改善した報告

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31468455-taurine-ameliorates-high-glucose-induced-apoptosis-in-ht-22-cells/

※うっ血性心不全におけるタウリンの治療効果(1日6gを4週間)

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/3888464-therapeutic-effect-of-taurine-in-congestive-heart-failure-a-double-blind-crossover-trial/

※急性肝炎患者に対するタウリン投与の効果(1日12gを6週間)

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/6878421-the-effect-of-taurine-administration-on-patients-with-acute-hepatitis/

※ラット動物実験におけるタウリンの抗不安薬作用

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16540157-effects-of-taurine-on-rat-behaviors-in-three-anxiety-models/

タウリンといえば、「リポビタンD」ですね。

Screenshot of brand.taisho.co.jp

タウリンは魚介類に多く、カニ、イカ、タコ、エビ、カキ、サザエ、ハマグリ、シジミ、アジ、サバ、ブリ、カツオ(血合い)などに多く含まれていますが、栄養ドリンクで摂取しても良いですね。昔から魚を食べると頭が良くなると言われてきましたが、それはDHAやEPAの他、タウリンがブレインフードであることも原因だった訳です。

※参考書籍

国際タウリン研究会、読んで効くタウリンのはなし

※タウリンを含む栄養食品

大正製薬、リポビタンD(タウリン1000mg)

大正製薬、リポビタンDハイパー(タウリン3000mg)