振動で睡眠が深まり記憶力が増す

https://www.cell.com/current-biology/pdfExtended/S0960-9822(18)31662-2

Current Biology 誌2019-02-04号に、4秒に1度の振動で入眠が早く深くなり、起きた後の記憶力が増しているという実験報告が掲載されました。

赤ちゃんをゆっくり揺らすと眠りやすいという経験則はありますが、それを科学的に実証したという感じでしょうか。そして更に記憶力向上まで観測されたということです。

この研究成果を、赤ちゃんだけでなく子供や大人も活用したいですが、どうしたら良いでしょう。ロッキングチェアとかハンモックがあれば良いのですが、なかなか用意できません。それなら、通勤通学で電車やバスなどに乗るとき、故意に遠回りしたり、各駅停車に乗ったりして、座って長時間乗るという作戦はどうでしょうか。そして短時間でも睡眠休憩し、脳機能のリフレッシュに役立てれば良いのですね。「急がば回れ」ということわざがありますが、脳機能の観点でも「ゆっくりしろ」ということですね。

vivere ハンモックダブルサイズ

不二貿易リラックスロッキングチェア

モスの菜摘(なつみ)

https://www.mos.jp/menu/category/?c_id=30

低糖質ダイエットが流行していますが、時代に敏感なモスは、菜摘(なつみ)という画期的商品を発売しました。パンの代わりにレタスでハンバーガーにしようというわけなんですが、もはや「ハンバーガー」の範疇を逸脱してますよね?

低糖質ランチをやろうとする場合、いままではコンビニのイートインに行ってサラダなどを購入しておりましたが、その選択肢にモスが加わったというわけです。

おかかふりかけ

ごま入り
昆布椎茸入り

これは我が家のマイブーム、美味すぎてゴハンが進む君です。夕食はゴハン抜きなので、朝食とかでよく食べます。脳に良いか分かりませんが、とにかく理屈抜きに美味いです。

こんなに美味いのだから何かカラダに良いことがあるはずだと思って調べたところ、鰹節の旨味成分イノシン酸は満腹感を与えてエネルギー摂取を抑制する、つまり食べ過ぎを防止するという論文がありました。毎日の生活に鰹節を取り入れると自然に肥満予防できるということです。

※グルタミン酸とイノシン酸の旨味成分により満腹感が増しエネルギー摂取が抑制される報告
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24944058