ナリンジンの抗うつ作用

Screenshot of ja.wikipedia.org

柑橘類の苦味成分であるフラバノイドである「ナリンジン」に動物実験で抗うつ作用があることが報告されています。空腹時血糖値を下げる作用も報告されており、柑橘類は天然のインスリンと呼べるかもしれません。グレープフルーツやはっさくなどの果皮付近に多くふくまれています。柑橘類を皮ごと食べるマーマレードも良いでしょう。

※ナリンジンがラット海馬のセロトニンレベルとミトコンドリア複合体保護経路の調節を通じて行動障害を改善する報告

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27209303/

※大正製薬プレスリリース

https://www.taisho.co.jp/company/news/2020/20200302000480.html

※参考食品

 大正製薬、グルコケアタブレット

アヲハタ、ビターマーマレード

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。