カテゴリー
トピックス

スーパーフードはとむぎ

Screenshot of ja.wikipedia.org
Screenshot of ja.wikipedia.org

ハトムギ(ジュズダマ、ヨクイニン)は、昔から「いぼとり茶」などと言われてきましたが、リウマチ(関節痛、慢性炎症)や神経痛の民間薬としても使われてきました。

※ハトムギの食品としての機能性と有用性

http://www.tokusanshubyo.or.jp/jouhoushi03/j03-09.pdf

こちらの論文では、ハトムギの、抗腫瘍活性、抗酸化能、免疫賦活作用、抗アレルギー作用、抗高脂血症作用、抗炎症作用・筋弛緩作用、血糖降下作用、利尿作用などが紹介されています。

※ハトムギ茶によるインフルエンザウイルス複製阻害作用

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28902408-inhibition-of-influenza-virus-replication-by-adlay-tea/

※ハトムギ茶成分の抗インフルエンザウイルス活性

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31728799-anti-influenza-virus-activity-of-adlay-tea-components/

インフルエンザウイルスに効くということは、コロナウイルスにも効く可能性がありますね。

※コンピューターによるハトムギの抗高血圧オリゴペプチドの抽出シミュレーション

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27983650-discovery-of-anti-hypertensive-oligopeptides-from-adlay-based-on-in-silico-proteolysis-and-virtual-screening/

※ハトムギの抗糖尿病作用

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31276140-effect-of-polysaccharides-from-adlay-seed-on-anti-diabetic-and-gut-microbiota/

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31381909-preparation-characterization-and-anti-diabetic-activity-of-polysaccharides-from-adlay-seed/

※ハトムギの抗アレルギー作用

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/12797741-suppression-of-allergic-reactions-by-dehulled-adlay-in-association-with-the-balance-of-th1th2-cell-responses/

※ハトムギの抗炎症作用

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25213953-anti-inflammatory-effects-and-chemical-study-of-a-flavonoid-enriched-fraction-from-adlay-bran/

なんと、インフルエンザや、高血圧、糖尿病、アレルギー、抗炎症作用にも効果が期待できるとは驚きです。ハトムギは多くの健康作用が期待できるスーパーフードだったのですね。生活に取り入れて健康維持に役立てて下さい。ハトムギは空腹時の方が吸収が良いようですので、食前又は食間に摂るようにして下さい。

※参考食材

DHC、はとむぎエキス

JAいなば、富山県産ハトムギ精白粒

クラシエ、ハトムギ専科ヨクイニンタブレット

伊藤園、国産はとむぎ茶ティーバッグ

カテゴリー
トピックス

アトピー少油生活

永田良隆、油を断てばアトピーはここまで治る
林裕之、その病気 その疲労「隠れ油」が原因です!

偶然手にした2冊の本、読んで驚きました。アトピーや喘息などのアレルギー疾患は現代人の植物油過多の食生活が原因だからこれを削減すれば良いと書いてあるのです。

今まで苦労したのは何だったのだろうと思いました。すぐに少油生活を実践し始めていますが、体調改善を実感できるまで時間が掛かりそうです。

※少油生活のポイント

・揚げ物をやめる(あるいは週に1回、月に数回まで減らす)

・マヨネーズをやめる(あるいはアマニ油マヨネーズに変更)

・ポテトチップをやめる(あるいは月に1度、年に数回に減らす)

・スナック菓子、普通のチョコ、普通のアイスを全部やめる。

・せんべいもやめる(揚げせんべい、サラダせんべいも危険)

・市販弁当、冷凍食品、市販のパンを全部やめる。

・インスタント食品、ファーストフード、外食を全部やめる。

花粉症とアトピーは、もう何十年も我が家の全員が悩まされ続けてきた症状です。皮膚科に行って、沢山の飲み薬と塗り薬を貰ってきて、風呂上がりに塗り込む生活を続けてきました。抗ヒスタミン薬と、ステロイド剤、どれだけ使ったことでしょう。まさに一進一退でアトピーと付き合ってきた人生でした。

Created by David R. Throop, Vectorized by Fvasconcellos, Translated into Japanese and modified by w:ja:User:にょろん [CC0]

https://ja.wikipedia.org/wiki/炎症

炎症はバイ菌が居る場所に活性酸素や免疫細胞などの武器を集めてバイ菌を撃退する身体の仕組みです。

人体がバイ菌と戦うために獲得してきた免疫の仕組み、炎症亢進エイコサノイド(ロイコトリエン)の原料となるオメガ6脂肪酸であるアラキドン酸やリノール酸は、原始時代の人類にとっては摂取が難しい「必須脂肪酸」でしたが、農業革命や工業革命を経て植物油の大量生産が可能となり、「ボトル入りサラダ油やマヨネーズ」を手に入れた現代人にとっては、過剰な油脂になってしまいました。

狩猟採集民の生活では、「リノール酸」や「アラキドン酸」を摂りすぎてしまう心配など毛頭ありませんでした。しかし、農業革命で大量の農産物を収穫・保管し、工場で油脂を絞り取る技術が進化して、安価に大量に、植物油を入手できるようになってしまったのです。「揚げ物料理」は、原始時代の人類は一生に一度も食べなかった料理ですが、これをコンビニ弁当や外食で現代人は毎日食べているのです。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08789.html

平成30年「国民健康・栄養調査」によると、日本人は、毎日平均60.4gの脂質を摂取し、そのうち31.8gが動物性油脂で、オメガ6を10.5g、オメガ3を2.39g摂取していることが分かっています。これはちょっと摂りすぎと言わざるを得ません。オメガ6とオメガ3のバランスも悪いです。

上記の本は、このような急激な食生活の変化が、「下戸がアルコールを飲んで中毒症状を起こしているのと同じこと」を引き起こしていると評しています。遺伝子は環境の変化に合わせて数万年かけて少しずつ変化していきますが、それに比べて人類の食生活の変化が数百年単位で急激に起きてしまったのです。それが我々の身体に対する過剰ストレスになってしまい、アトピーなど様々な体調不良(現代病)を引き起こしているのです。我々の身体へのストレスを軽減するためには、食生活を少しでも昔に戻さなければなりません。油脂の大量生産・大量消費を断ち切る必要があるのです。現代的な食生活を変えずに抗ヒスタミン薬やステロイド剤を使い続けても意味が無いでしょう。まず食生活を正さなければなりません。

永田医師は、食生活を和食に戻せば良いと主張なさっています。

永田良隆、小崎孝子、子どものアトピーは、「和食」で良くなる

魚と野菜を中心に、味噌や麹などの発酵食品を使った食生活を続けて食育して、子供自身がそういう料理を好きになれば自然にアレルギー症状も軽快していくのかも知れません。ただし「天ぷら」は和食ですけど要注意ですね。「天ぷら」以外の和食が良いと言うことですね。

我が家はつい最近始めたばかりで、どの程度まで効果が出るのか分かりませんが楽しみに続けてみたいと思います。

カテゴリー
トピックス

グラノーラを脂質で選ぶ

Screenshot of www.calbee.co.jp

グラノーラに含まれるオーツ麦に認知機能維持効果が期待されているということで、週に1回程度グラノーラを食べるようになったのですが、どうも「糖質オフ」のグラノーラを食べていると「油っぽいな」と感じることがありました。

Created by David R. Throop, Vectorized by Fvasconcellos, Translated into Japanese and modified by w:ja:User:にょろん [CC0]

最近、多価不飽和脂肪酸(PUFA)のオメガ3とオメガ6が慢性炎症とアレルギーに関係していることを知り、PUFAコンシャスな(PUFAを意識した)毎日を過ごしているので非常に気になりました。グラノーラにどれだけオメガ6脂肪酸が入っているか分かりませんが、基本的に脂質を減らした方が良いと考えています。それで、主要3社の主なグラノーラの1食50gあたりの脂質量を比較してみました。

・カルビーフルグラ・・・7.7g

・カルビーフルグラ糖質オフ・・・12.6g

・日清シスコごろっとグラノーラ 5種の彩り果実・・・6.25g

・日清シスコごろっとグラノーラ 3種のまるごと大豆 糖質60%オフ・・・7.1g

・ケロッグフルーツグラノラ 朝摘みいちご・・・5.75g

・ケロッグフルーツグラノラ ハーフ・・・1.5g

ということで、ケロッグさんがダントツで低脂質になっているんですね。我が家はしばらくケロッグさんで行ってみようと思います。糖質に関しては、35グラムとか40グラムとか少し減らして食べれば大丈夫かと思いました。

※参考記事

グラノーラで認知機能維持

慢性炎症対策食品

ミクログリア仮説、神経炎症仮説