甲状腺機能低下症によるウツ症状

Screenshot of www.mhlw.go.jp

 

甲状腺機能が低下して、元気が出なくなることがあります。

Screenshot of ja.wikipedia.org

 

中高年の抑うつ症状では、甲状腺機能低下症が原因となっている場合があるそうです。甲状腺ホルモンの分泌が減って、神経系や心臓など各器官の働きが低下することにより、全身倦怠感、無力感、便秘など、様々な症状を生ずるとのことです。

その場合は、甲状腺機能を高める食事対策を考えてみると良いでしょう。甲状腺ホルモンのレベルは血液検査で簡単に分かりますので病院受診が原則だと思いますが、その手前の段階で、「ちょっと元気が出ないなあ」という程度の場合は、食事対策を試す経過観察をしてみても良いでしょう。

甲状腺機能を高める食事方法

・ヨウ素=甲状腺ホルモンの材料を補充する。海藻類摂取の多い日本では通常欠乏症はありませんが、例外的に食生活の嗜好などにより不足気味の場合が考えられます。ヨウ素過剰摂取も甲状腺機能低下症の原因となる場合もありますので摂取量の調整は要注意です。あくまでも通常の食生活の範囲内で調整して下さい。

・ゴイトロゲン=ヨウ素取り込み阻害剤の過剰摂取に注意する。大豆、落花生、イチゴ、ナシ、モモ、ホウレンソウ、タケノコ、サツマイモ、アブラナ属の野菜(タカナ、ザーサイ、キャベツ、ブロッコリー、白菜、チンゲンサイ)です。

・マルチビタミンミネラルを補充する。亜鉛やマグネシウムやビタミンB群など、体内の代謝全般を高める栄養素の不足が疑われる場合は、これを補充することも考えられます。過剰症にも注意して、1日の所要量の半分以下程度で、広く浅く補充してみましょう。

・水分補給する。中高年は喉の渇きを感じにくくなり水分不足に陥っていることもあります。1日500cc以上の水分を意識的に摂取してみましょう。

Screenshot of ja.wikipedia.org

 

つまり、加齢変化に加えて、ヨウ素摂取が少ないのにゴイトロゲン摂取が多い場合は、甲状腺機能低下の可能性があるということですね。海藻が嫌いで豆乳ばかり飲んでいるなど、甲状腺機能の観点で危険な食事になっていないかどうか、検証が必要です。

もちろん、規則正しい生活と、良質の睡眠も大事ですね。これらの食事対策・日常生活対策でも改善しない場合は、やはり一度病院の検査を受けてみた方が良いでしょう。

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル

うつに良いミネラルウォーター

ミネラル欠乏症が原因となっているウツ症状の場合は、鉄分、マグネシウム、亜鉛、カルシウムの補充により改善する場合がありますね。特にこれらのミネラル成分は、日本人の栄養調査でも所要量に足りていないという調査結果が出ていますので、日常的に意識的に補充していくことが求められますね。

マグネシウムを補充できるミネラルウォーターを考えてみましょう。マグネシウムは約300種類の酵素反応に使われ、代謝に必須のミネラルです。脳の栄養素や神経伝達物質の生合成にも必要なミネラルですね。うつに良いミネラルウォーターです。100mlあたりのマグネシウム含有量(mg)を御紹介します。

1位、10mg、ゲロルシュタイナー https://www.pokkasapporo-fb.jp/gerol/
2位、7.4mg、コントレックス http://contrex.jp/
3位、5.6mg、クールマイヨール http://www.roxane.fr/en/our-brands/courmayeur.html
4位、5.2mg、サンペレグリノ https://www.sanpellegrino.com/jp/jp
5位、2.6mg、エビアン http://www.evian.co.jp/mineral/

色々調べたのですが、これ以外のミネラルウォーターは、国産も外国産も、マグネシウムはほとんど摂れません。マグネシウムの1日あたり不足量を100mgとすると、最低でもエビアンにしないと意味が無いですね。500mlのエビアンで、5×2.6mg=13mgのマグネシウムということになります。ゲロルシュタイナーなら500mlで50mgを摂取できますので不足分の半分程度を補うことができますね。硬水や炭酸水は満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防ぐ効果もあるとされています。ガス入りの硬水を生活に取り入れて下さい。

さあ、みなさんも、コンビニ行ったら、上記硬水を探してマグネシウム補給致しませんか?

ポッカサッポロ GEROLSTEINER(ゲロルシュタイナー)

パルミジャーノレッジャーノ

チーズの王様、パルミジャーノレッジャーノ。なぜ王様なのか?高価だから?いいえ、たんぱく質が多いからです。

文部科学省、食品成分データベースより、チーズのたんぱく質ランキング(100gあたりのたんぱく質g)
1位、44.0g、パルメザン(パルミジャーノレッジャーノ)
2位、28.9g、エダム
3位、27.3g、エメンタール
4位、25.8g、ゴーダ
5位、25.7g、チェダー
6位、22.7g、プロセスチーズ
7位、20.6g、やぎチーズ(シェーブルチーズ)
8位、19.1g、カマンベール
9位、18.8g、ブルーチーズ(ゴルゴンゾーラ、ダナブルー、フルムダンベールなど)
10位、18.4g、モッツァレラチーズ
参考、12.9g、ゆで卵

どうです?ダントツの1位、パルミジャーノレッジャーノ!

ザネッティ社 1kgブロック パルミジャーノレッジャーノ 24ヶ月熟成