NMNで認知症を予防せよ!

Screenshot of en.wikipedia.org

ニコチン酸(ナイアシン、ビタミンB3)から合成される、ニコチンアミドモノヌクレオチドに神経保護作用や抗加齢作用があると期待され、研究が進んでいます。生体内で、ナイアシン→NMN→NADと生合成され、補酵素として様々な反応を媒介しています。

※NMNが神経保護作用を持つことを報告する論文

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5515290/

※NMNのマウス長期投与で加齢による生理機能低下を緩和することを報告する論文

https://www.cell.com/cell-metabolism/fulltext/S1550-4131(16)30495-8

欧米ではNMNのサプリメントが発売されていますが、日本でも一部高価なサプリメントとして販売されているようです。神経保護作用や抗加齢作用はありがたいのですが、未だメカニズムが解明されていないので食生活に如何に活かすか難しいところです。

ひとつの提案として、NMN前駆体のナイアシン(ニコチン酸、ビタミンB3)を積極的に摂取することが考えられます。もちろんサプリメントも検討して下さい。

https://fooddb.mext.go.jp/ranking/ranking.html

文科省食品成分データベースより、ナイアシンの含有量トップ10(100gあたり)

1位、まいたけ64.1mg
2位、焼きタラコ56.9mg
3位、生たらこ49.5mg
4位、インスタントコーヒー47mg
5位、カツオ節45mg
6位、カツオ削り節37.4mg
7位、カツオなまり節35mg
8位、米ぬか34.6mg
9位、パン酵母23.1mg
9位、ピーナッツ23.1mg

DHC、ビタミンB群

アサヒ、ビタミンB群

脂質低下薬の認知症リスク

Screenshot of kompas.hosp.keio.ac.jp

加齢と共に避けがたい脂質異常症の治療で様々な薬剤が投与されますが、その一部の薬剤でアルツハイマー病(AD)のリスク増加があると報告する論文があります。

※一部脂質低下薬のADリスク増加を報告する論文

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31714636

具体的薬剤名は記載しません。上記論文を参照して各自ご判断下さい。その薬剤の長期暴露によりアルツハイマー病リスクが45%増加したとする報告になっています。

良く言われていることですが、脂質代謝改善は、薬に頼るよりも、運動や食習慣などの生活習慣の改善により対処するのが望ましいということになります。対策を箇条書きで御案内致しますので参考にして下さい。

  • コレステロール摂取を控える
  • 動物性脂肪の摂取を控える
  • 食物繊維を十分摂取する
  • 夕食の炭水化物を低減させる
  • 適度な運動を継続する(1日1万歩、ひとつ手前の駅で降りる)
  • BMIは20を切るべし(身長×身長×20、例えば1.7mの場合は、1.7×1.7×20=57.8が目標体重です)
  • 脂質代謝させるカルニチン(赤身肉、乳製品)を摂取する。
  • 脂質代謝させるビタミンB群(レバー、ニンニク、納豆など)を摂取する。

Screenshot of www.otsuka.co.jp

大塚製薬、カルニチン

アサヒ、ビタミンB群

全粒穀物を食べてウツ予防せよ!

Screenshot of ja.wikipedia.org

玄米や全粒粉小麦など、全粒穀物は健康に良いと言われますが、どれくらい健康に良いかご存知ですか?どれくらいウツ予防になるのか、研究した論文があるので御紹介します。

※Journal of Medicinal Food.Nov 2016.Volume19 Issue11

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27696939

こちらの論文では、「西洋食」非全粒穀物、白いジャガイモ、チーズ、肉、任意の油脂、および砂糖の摂取量とうつ病との相関は認められなかったが、「健康食」全粒穀物、野菜、果物、魚、ナッツ、種子の摂取量とうつ病は成人女性で逆相関が観察されたということです。これらの健康食を最も良く食べる上位20%の人々は、最も食べない下位20%の人々に比べて4割もウツ病患者が少なかったと言います。

この研究の面白いところは、「西洋食」の摂取量とうつ病の相関が認められなかったことですね。肉類や砂糖類は沢山たべても大丈夫ですよ、というわけです。その代わり、全粒穀物や野菜などは沢山食べて下さいというのです。全粒穀物や野菜を沢山たべると他の食材が食べられなくなりますので、間接的に西洋食を抑制することになるのかもしれませんが、研究では「沢山たべても大丈夫」と出ているわけです。

従いまして、この研究を日々の食生活に活かすとすれば、「全粒穀物、野菜、果物、魚、ナッツ、種子を沢山食べれば、肉類や脂肪類や甘いモノも少し食べても大丈夫だよ!」ということになるでしょうか。

※参考食材

 森永製菓、全粒粉仕立てのビスケット

たなか物産、全粒粉そうめん