カテゴリー
トピックス

「うつ」は炎症で起きる

エドワードブルモア、「うつ」は炎症で起きる

ブレインフードのサイトですが、思わず書籍もご紹介いたします。著者はケンブリッジ大学の精神医学科長の教授です。研修医時代に炎症性疾患であるリウマチ患者に「うつ」合併症を診察したことをきっかけとして「うつ」と炎症の関係を考え始め、自分自身が歯科治療直後に「うつ」症状を体験し、免疫精神医学の世界に興味を持つようになったということです。著者は炎症が「うつ」を引き起こす原因を、「自然選択しかないだろう」と推測しています。ケガが病気などで炎症を起こしている個体は、「うつ」状態で寝床で休んでいたほうが生き延びる可能性が高かったということでしょうか。「うつ病とは、人間という生命体が、過酷なこの世界で生き延びようとするための反応だと考えられるのだ。」と述べておられます。

※小児期の血清インターロイキン6およびC反応性タンパク質と若年成人期のうつ病および精神病との関連

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25133871/

こちらの研究では、南西イングランド生まれの1万5千人の子供のうち、9歳時点でサイトカイン濃度が上位3分の1に含まれる子供は、その時点でサイトカイン濃度が低い子供に比べて18歳時点でうつ病になる確率は1.5倍になったということです。当然ながら、9歳時点ではサイトカイン濃度が高い子供にもうつ症状は見られなかったということです。

著者は、炎症と精神疾患に関連があるとしても、臨床医は抗サイトカイン薬や抗炎症薬を処方すること(ドラッグリパーパシング)をためらうだろうと述べています。例えば、アスピリンのような抗炎症薬には抗うつ薬としての臨床試験は全く行われておらずエビデンスがないことと、アスピリンには潰瘍や出血を引き起こす副作用のリスクがあり安全上のリスクが否定できないということです。

※参考記事、降圧薬の 新型コロナウイルス感染症の重症化への影響について

https://www.yokohama-cu.ac.jp/news/2020/202008matsuzawa_rasi.html

高血圧の治療に使われるACE阻害薬やARBも抗サイトカイン作用があるとされますが、新型コロナウイルスによるサイトカインストームにも一定の効果が期待されています。

著者が挙げている炎症の原因となりうる事項をご紹介いたします。

  • 肥満
  • 加齢
  • 冬季(感染症、日照時間)
  • 社会的ストレス
  • 身体的ストレス
  • 歯周炎(歯周病)
  • 過敏性腸症候群(IBS)
  • 慢性大腸炎
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 過度の飲酒

ということで、従来当サイトでも抗炎症食品はブレンフードですよと御紹介して参りましたが、免疫精神医学の専門家の間でも、そのような知見が集積されつつあるようです。

※参考記事

慢性炎症

慢性炎症対策食品

 

カテゴリー
トピックス

海洋深層水でウツ抑制

日本人はマグネシウム不足であり、マグネシウムを補給する必要があります。日本人が古来マグネシウムを補給してきたのは、海水を煮詰めて結晶化させた塩化ナトリウムを取り除いた「にがり(塩化マグネシウム)」でした。にがりで造った豆腐を食べていました。和食の減少で、マグネシウムも減少してしまったのです。

※調製海洋深層水飲用による生体効果

http://www.dowas.net/paper/pdf/17-1/017.pdf

こちらの論文では、海洋深層水による、「降圧効果」、「血流量の亢進」、「免疫賦活化」、「貧血改善」、「便通改善」、「総コレステロール低下」、「LDL低下」、「中性脂肪低下」、「血糖ピーク抑制」、「食後2時間血糖値抑制」、「アトピー改善」、「アレルギー抑制」が報告されています。

※うつ病モデルマウスの腸内細菌叢プロファイルとマグネシウムを高濃度に含有する海洋深層水由来の硬水摂取マウスのそれとの比較

http://www.dowas.net/paper/pdf/20-1/01_p05.pdf

こちらの論文では、うつ病モデルマウスに対して、社会的敗北ストレス(social defeat stress, SDS)を掛けて「うつ様行動」の観察をしたところ、脳海馬における炎症性サイトカインが発現し、ビフィズス菌の減少も観察されていたが、海洋深層水由来の硬水(RDSW)を与えたところ腸内細菌叢の多様性が増加し、ビフィズス菌の構成割合も増加したと報告されています。

海洋深層水も良いでしょうし、普通に豆腐を食べるだけでも良いと思います。不足しているマグネシウムの補給を継続いたしましょう。

※参考食品

赤穂化成、海の深層水にがり

カテゴリー
トピックス

フルクトース置き換えは有効だが本当のハチミツを買うのは難しい

Screenshot of ja.wikipedia.org

※砂糖(ショ糖)をフルクトースに置き換えると食後血糖値は低下したが尿酸値が上昇した報告

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29559720/

※ブドウ糖やショ糖をフルクトースに置換すると、中性脂肪トリグリセリドを上昇させることなく食後血糖値とインスリンを低下させた報告

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28592611/

※フルクトース過剰摂取により非アルコール性脂肪肝炎症のリスクが高まる報告

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32839596/

フルクトース(果糖)は食後血糖値を下げますが、過剰摂取は非アルコール性脂肪肝や高尿酸血症のリスクになるようです。過剰摂取というのは、炭酸飲料などに含まれる「果糖ブドウ糖液糖」を摂取することですね。加工食品じゃなくて、天然食品を普通に摂りましょう。同じカロリー量で、砂糖をハチミツに置き換えることは糖尿病予防に有効であることが示唆されています。

※フルクトース(果糖)の多い食物(文部科学省食品成分DBより、100gあたり含有量)

  • はちみつ、、、39.7g
  • 干しブドウ、、、38g
  • 乾燥なつめやし、、、29.9g
  • 乾燥いちじく、、、26.9g
  • ドライマンゴー、、、20.4g
  • ドライトマト、、、18.3g
  • ドライあんず、、、14.8g
  • マーマレード、、、13.3g
  • ドライプルーン、、、12g
  • 生ぶどう、、、8.7g

それなら砂糖の代わりにハチミツを少し増やしてみようかなと思いますが、どうも「ハチミツを買うことは難しい」ようです。スーパーなどで売っているハチミツには安価なコーンシロップ(果糖ブドウ糖液糖)が添加されていることが多いのだそうです。炭素の放射性同位体を使って測定すると、ピュアハニーと表記されていても添加されているといいます。

※アジアの52パーセントのハチミツが粗悪品であった報告

https://www.nature.com/articles/s41598-018-32764-w

これは難しい問題です。スーパーでハチミツを買う時は一番高いハチミツを買うと良いのかもしれません。

※参考書籍

﨑谷博征、有馬ようこ、自然治癒はハチミツから