純ナチュラルチーズを買うべし!

http://www.meg-snow.com/customer/milkbook/content10.html
 

チーズには2種類あります。プロセスチーズと、ナチュラルチーズです。プロセスチーズは、ナチュラルチーズに乳化剤(リン酸塩)を混ぜてドロドロにしてから加熱して、再度固めたものです。銀紙に入っているのがプロセスチーズですね。リン酸塩の過剰摂取はカルシウムの吸収を阻害し、カルシウム不足による、イライラや不安感を増長するおそれがあります。

だから脳に良いチーズは、断然、ナチュラルチーズです。チーズを買うときはナチュラルチーズを買うようにしましょう。それも、添加剤のセルロース(食物繊維)無しのチーズを!

http://www.yotsuba.co.jp/product/%E3%82%88%E3%81%A4%E8%91%89%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E5%8D%81%E5%8B%9D%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%E3%80%80%EF%BC%93%E7%A8%AE%E3%81%AE%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BA.html

 

買い方は簡単です。原材料名のところに、「生乳、食塩」だけしか書いてないチーズを買えば良いのです。純粋なナチュラルチーズは高価ですが、食べる量を減らせば大丈夫です。食品添加物を回避できるのですから、是非ともチャレンジして下さい!

ちゃんと牛乳買ってますか?

スーパーの牛乳コーナーに行って、何気なく「低脂肪」と書いてある牛乳みたいなモノをカゴに入れて買って帰ってくると、添加物満載の「乳飲料」とか「加工乳」とかを買っていることになるかもしれません。冷蔵庫の中の「牛乳」の商品名の所を良く見てみましょう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/乳飲料
https://ja.wikipedia.org/wiki/加工乳

やはり「牛乳」か、「低脂肪牛乳」を買うべきですね。低脂肪牛乳も原材料の所に、「生乳100パーセント」と書いてあるモノを選びましょう。要するに、生乳から乳脂肪を抜いただけのものが、「低脂肪牛乳」なのです。

※森永、おいしい低脂肪牛乳
https://www.morinagamilk.co.jp/products/milk/oishi_milk_lowfat/2.html

よく考えますと、普通の成分無調整牛乳を買ってきて飲む量を減らせば低脂肪牛乳を飲んだことと同じことになりますね。低脂肪牛乳でも加工されていることに違いはありませんので、成分無調整の普通の牛乳を買った方が良いと思いました。

マーガリン無しの食パンを探せ!

草の根を分けても、マーガリン・ショートニング無しの食パンを探せ!

記憶力を低下させると言われるトランス脂肪酸から逃げるためですね。

※カルフォルニア大学サンディエゴ校HPより参考記事
https://health.ucsd.edu/news/releases/Pages/2015-06-17-trans-fats-and-memory.aspx

でも、マーガリンやショートニングを使っているのにトランス脂肪酸ゼロを表記している商品もあります。

恐ろしいですね。どうしてそこまでマーガリンやショートニング使用にこだわるのでしょう。シンプルに、バターで造れば良いじゃんと思いますが、やはり原価が掛かるので使わざるを得ないのでしょう。消費者としては、脳を守るために意識を切り換えなければならないかもしれません。「安全なパンを買うことは簡単ではない!」このことを肝に銘ずる必要があるかも知れません。例えば、200円以下の食パンは絶対に買わない、という強い決意が必要かもしれないのです。

※セブンイレブン、金の食パン

http://www.sej.co.jp/i/item/310100290336.html?category=352

 

※パスコ、超熟国産小麦

https://www.pasconet.co.jp/products/21/

 

※神戸屋、円熟全粒粉

http://www.kobeya.co.jp/products/enjuku_takumi/enjuku/

 

※イオントップバリュ、極ブレッド

https://www.topvalu.net/topvalu_select/product_story/kiwami_bread

 

言葉のクスリ、古今和歌集より、恋歌1首

古今和歌集は、醍醐天皇の勅命により万葉集に撰ばれなかった古い時代の歌から、紀友則、紀貫之、凡河内躬恒、壬生忠岑ら、撰者の時代までの古今の和歌の名作を選んで編纂し、延喜5年(905年)4月18日に奏上された初の勅撰和歌集です。

恋歌1首、ご紹介致します。

---
詞書=初瀬にまうづるごとにやどりける人の家に、久しくやどらで、ほどへてのちにいたりければ、かの家のあるじ、かくさだかになむやどりはある、といひ出して侍りければ、そこにたてりける梅の花ををりてよめる。

人はいさ
心もしらず
ふるさとは

花ぞ昔の
香ににほひける

つらゆき

---

意訳

大和の初瀬にある長谷寺の十一面観音に参詣するたびに泊まっていた恋人の家に、久しぶりに行ってみたら「なんとも久しぶりでございますわね」とすねられたので、飾ってあった梅の枝を折って差し出して詠んだ

ひとの心はどうだろうか
わからないのだが
なじみのこの家では

梅の花が昔と変わらず
香っています

鑑賞

あまりにも有名な紀貫之の一首です。恋愛によって脳が活性化するという記事もありましたが、平安時代の貴族は恋愛感情をとても大事にしていたんですね。古今集でも、「恋歌」という項目をつくり古今の優れた恋愛の和歌を選定していましたが、なぜか、この歌は「春歌」の項目に分類されています。紀貫之は選者でもありましたから、自分の恋愛の和歌を「恋歌」に入れてあからさまにすることは恥ずかしかったのかもしれません。照れ隠しで、梅の花の季節に入れたのかもしれません。それと、謎かけの側面もあったかもしれません。「この会話の意味わかりますか?」と風流を理解できるか、挑戦状みたいなものですね。詞書きには和歌の背景も詳細に書かれていますが、男性とも女性とも分からず、表面的には恋愛の歌でも何でもないのです。それでも、詠めば詠むほど、味わえば味わうほど、恋愛の和歌なんですよねえ。

9世紀当時、大和の長谷寺の十一面観音は非常に厚い信仰を集めていたそうです。残念ながら現在の十一面観音像は平安時代のものとは異なる、室町時代再建のもののようですが、昔の面影は当然引き継がれているでしょう。

http://hasedera.or.jp/history/statue.html

 

京都から奈良まで約40キロ、それはもう泊まりがけの大変な旅行でしたね。泊まりがけでも見に行きたいような観音さま。今で言えば、観光名所や大きな遊園地みたいなものでしょうか。

「ひとはいさ」という出だし、素晴らしいですね。直訳では、「人は、さあ」というような感じでしょうか。人って、勿論、このすねている家のあるじですね。

「心もしらず」って、貴方の気持ちは分かりませんが、というのですが、勿論、百も承知な訳です。分かっているくせに、わざと、「貴方の気持ちは分かりません」なんて宣言しちゃうわけです。心憎いですよね。

「昔の香ににほひける」と、昔と同じように香っていると回答して、「俺の気持ちは変わらないぜえ」とのろけて見せているわけです。直接言ったら目から火が出るような恥ずかしい台詞ですが、梅の花に託して書いているのでぼやけているんですね。

非常におおざっぱな意訳になりますと、「なじみの女がごぶさたですねとすねてきたのでなぐさめてやった!もてる男はつらいぜ!」みたいな和歌になるわけです。カッコイイですね!

紀貫之から現代の我々に向かって、「俺は恋愛しているぜ、あなたたちはどうだい?」と聞かれているようです。脳を活性化するために、我々もドキドキすることを大事にしなければなりませんね。

恋愛によって脳が活性化する!

https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/news/2015/sw3o7i

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%9F%E3%83%B3

 

恋愛によってドーパミン神経が活性化することが実験で確かめられています。ドーパミンは意欲や認知や記憶にも関係がありますから、恋愛をすると記憶力が良くなる、ということになります。大学受験の浪人生が恋愛して落ちたという話と、受かったという話が両方ありますが、ドーパミン神経の活性化をうまく利用して成績アップに繋げることができれば合格できるし、勉強が手に付かなくなるほど恋愛感情にのめり込んでしまったら成績が落ちる、ということなのでしょう。年齢が若いほどコントロールが難しいですから、高校受験とか、中学受験になると、マイナス効果も大きいかも知れません。

それでは、既婚中年層や、高齢者は、どうしたらよいのでしょう。うつ病や認知症の中高年とかですね。もう恋愛する気力も無いわけです。卵が先か鶏が先か分かりませんが、元気も無いし恋愛できないわけです。恋愛できなから元気が無くなったのか、元気が無いから恋愛できないのか分かりませんが、「恋愛的な感情」を大切にすると良いかと思います。「初対面の異性との会話」これは、全ての年齢層で非常に大事だと言うことですね。別に不倫しなさいとかそういうお話ではありません。ほんの少しでも「ドキドキ」することは大事だって事ですね。お店の店員さんとお話することだって効果があるかも知れないと言うことですね。喫茶店やレストランでも、ただ注文するだけでなく、一度質問して、その返答次第で注文を決めるというのはどうでしょう。例えば、「あなたの今日のお勧めはどれですか?」と尋ねて、「それならそれお願いします」と注文して、相手が喜んだ顔を見るというのは少しドキドキすることでしょう。そのとき、ドーパミン神経が活性化されているかも知れません。

明星ローカーボNoodles

https://www.myojofoods.co.jp/teitoushitsu/

 

明星 低糖質麺ローカーボ Noodles は2015年11月発売で、糖質制限ダイエットをやる前にも何度か試したことがあるのですが、その時は「ものたりないなー」と感じて何度も食べることは無かったのです。

しかし不思議なもので、糖質制限を始めると味覚が変わるんですね。甘さに対して敏感になります。たとえば、普通の野菜ジュースなんかを飲みますと「甘すぎて気持ち悪い」「甘すぎて飲めない」と感じてしまうんですね。

そんな状態でこのヌードルを食べますと、「うん、いい感じ!」となるから不思議です。つい半年前には「ものたりないなー」と感じていたんですけどねー。

今日のお昼ごはん。

糖質制限中でも、お菓子!

江部康二先生の本にも、糖質制限してるときは「菓子は基本的にダメ」と書いてありました。確かにスーパーのお菓子コーナーに行って、糖質とか炭水化物の成分表示を見ますと、100グラムあたり50グラム以上の糖質が目白押しとなっておりました。

それでもまあ、口寂しい時、何か口に入れたい時ありますね。それで色々探しますと、酒の肴コーナーに結構よいものがありました。ナッツ類や、ハイカカオチョコもなかなか良い感じです。糖質に着目したお菓子もありますね。いくつか御紹介いたします。栄養表示で糖質が記載されていないものは炭水化物を記載しました。炭水化物=糖質+食物繊維です。特に記載がなければ100gあたりの炭水化物量を掲載しました。

なとり、徳用カルパス、炭水化物16.1g

なとり、うずらの味付けたまご、炭水化物10g

なとり、あたりめ、炭水化物0.6g

ノーベル、男梅カリカリ梅、炭水化物8.9g

明治、チョコレート効果95、糖質13.5g

明治、低糖質プリン、1個糖質3.5g

マンナンライフ、ララクラッシュ、糖質1個2.5g

https://www.otsuka.co.jp/soy/carbohydrate/

 
SOYJOY、ホワイトマカダミア、糖質5.9g

ぐーぴたっ、糖類ゼロ

共立、素焼きアーモンド、炭水化物20g

言葉のクスリ、古今和歌集より、雑歌1首

古今和歌集は、醍醐天皇の勅命により万葉集に撰ばれなかった古い時代の歌から、紀友則、紀貫之、凡河内躬恒、壬生忠岑ら、撰者の時代までの古今の和歌の名作を選んで編纂し、延喜5年(905年)4月18日に奏上された初の勅撰和歌集です。

雑歌1首、ご紹介致します。

---

世の中は
夢かうつつか
うつつとも

夢ともしらず
ありてなければ

よみ人しらず

---

意訳

この世は一体全体どうなっているのだろう
夢じゃないかと思えるし、現実のようにも思える。

現実なのか夢なのか、さっぱり分からないのだ。
私自身、この世に存在しているようでもあるし、
存在していないようでもあるよなあ。

鑑賞

非常に理屈っぽい歌ですが、不思議な魅力がありますね。夢と現実の区別がつかないというのですから、もしかすると仲間と酒を飲んで酩酊しているのかもしれません。それで寝てしまって夜中に目が覚めたのかも知れません。ぼーっとして、夢の世界と現実世界の区別がつきません。そうか、元々、酔っていない時でも、その区別は曖昧なものかもしれないなあと歌っているわけです。価値観を相対化しているわけです。「もうダメだ!」なんて悲観するなと、どうせこの世は夢みたいなものだよ、気にするなと、この歌は教えてくれるようです。

言葉のクスリ、古今和歌集より、秋歌2首

古今和歌集は、醍醐天皇の勅命により万葉集に撰ばれなかった古い時代の歌から、紀友則、紀貫之、凡河内躬恒、壬生忠岑ら、撰者の時代までの古今の和歌の名作を選んで編纂し、延喜5年(905年)4月18日に奏上された初の勅撰和歌集です。

紀貫之による序文に次のように記載されています。

引用はじめ---
やまとうたは、人の心を種として、よろづの言の葉とぞなれりける。
世の中にある人、ことわざしげきものなれば、心に思ふことを、見るもの聞くものにつけて、言ひいだせるなり。
花に鳴くうぐひす、水にすむかはづのこゑをきけば、生きとし生けるもの、いづれか歌をよまざりける。
力をもいれずして、あめつちをうごかし、目に見えぬおにがみをもあはれとおもはせ、をとこをうなのなかをもやはらげ、
たけきもののふの心をもなぐさむるは歌なり。
引用おわり---

意訳

和歌は、人々の心の中の気持ちが種となって、発芽し、それが様々な言の葉となって花開いたものだ。

世の人は、いろんな出来事を体験するので、心に思ったことや、見たもの聞いたことを、和歌という言葉に残すのだ。

花の季節に鳴く鶯、水辺の秋カエル(カジカガエル)の鳴き声を聞いても分かるように、およそあらゆる生き物は全て歌を詠んでいるのだ。

和歌は、言葉であって物理力を備えていないにも関わらず、我々の心の中で天地をも動かし、

鬼神をも感動させておとなしくしてしまうし、男女の仲もうまく取り持ってくれるし、

猛々しい武士の心も慰めてしまう不思議な力を持っているのだ。

鑑賞

8世紀から9世紀初頭に掛けて、公文書は全て漢文ですし、日本語には文字がありませんでしたから、中国大陸から輸入された漢字をつかってやまとことば=日本語を文字に記載する場合は「当て字」として記載したのであり、かたかなひらがなは漢字をくずして記載した省略形でした。そのため、漢文よりも和文は価値が低いものとされていたのですが、7世紀から8世紀にかけて成立した万葉集の時代より、少しずつ、和歌の価値が認められるようになり、ついに天皇より国家プロジェクトとして勅撰和歌集の編纂が命じられるに至ったということになります。序文では、「和歌の効用」が説明されていますね。ヒトに限らず、あらゆる生き物は声を発しているので、ヒトが感動して自然にことばが口からあふれてくるのは自然の発露であり、ウグイスの鳴き声のように美しいものだと気が付いた、という訳ですね。和歌は、ヒトの心の中の天地をも動かし、世の中を動かす鬼神をも封じ込め、男女の仲も取り持ってくれるし、弓矢で敵を倒してしまう勇者の気持ちまで動かす凄いものだよと説いているわけです。これは日本文化の巨大な遺産ですから現代の我々も思い返して活用しない手は無いと思います。

心理カウンセリングの手法で、うつ病に対する認知行動療法というものがありますが、これは、繰り返しマイナス思考に固執してしまう「認知の歪み」を対話によって修正していくという技法なのですが、和歌を詠んだり、聞いたりすることは、これに近い作用があると平安時代の歌人は気付いていたのかも知れません。

※国立精神・神経医療研究センターHPより認知行動療法とは
http://cbt.ncnp.go.jp/guidance/about

※wikipedia 認知行動療法
https://ja.wikipedia.org/wiki/認知行動療法

「そんなくよくよしてないで、和歌を詠んでみよう」と言っているかのようです。和歌によって新たな視点を獲得して、閉塞した自動思考(スキーマ)から脱却できる可能性があります。うつ病を改善してしまうのですから「言葉のクスリ」と言って良いでしょう。

秋の2首を御紹介します。

---
詞書き(ことばがき)=秋立つ日よめる

秋来ぬと
目にはさやかに
見えねども

風のおとにぞ
おどろかれぬる

藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)

---

意訳

暦の上では立秋というが
景色を見ても明かな兆候は無いのだが

一瞬の風の音に驚き
秋の兆しが感じられた

鑑賞

これは、まず、暦を日々感じましょうということですね。当時はテレビもインターネットもありませんから、月や星や暦というものが、大きな娯楽だったのですね。年に1度見える星の動きの中に、暦として、秋の兆しを読み取り、それを実際の景色の中に探すわけですね。でも、気温も熱いし、どう見ても秋の兆しは分からないんですね。そこに一瞬の風が吹いてきて、「ああ!そうか!この涼しい風は真夏には無かったな!」と感動しているんですね。「やっと熱い夏が終わる!」という喜びを感じ取れますか?当時はクーラーもありませんから、夏が終わるのは少し楽しみな事だったはずです。収穫の秋、味覚の秋ということもありますね。当時の人たちは秋を心待ちにしていたことでしょう。嫌なことを考えるより、楽しいことを考えましょうと、この歌は教えてくれるようです。

---
題しらず

木(こ)のまより
もりくる月の
影(かげ)みれば

心づくしの
秋は来にけり

よみ人しらず
---

意訳

満月だから月見をした
色々場所を移動して
大木の下から繁る葉の隙間から
月の光を楽しんだ

ああ、このように夜長になって
夜風も涼しいのだ
物思いに更ける秋が来たんだなあ

鑑賞

月見をするのに、どうやって眺めたら月が美しいか、それはもう、色々試行錯誤しているわけですね。それで、わざわざ障害物のあるところから見ようとしたわけです。木の葉っぱの隙間から月を見たわけですね。そのとき、秋が来たことを再確認したというわけです。もしかして、去年の秋のことを思い出したかも知れません。今の目の前の悩み事を忘れて、1年前の事を思い出したわけです。そのようにして気を紛らわすことで、悩み事も解けたかもしれません。

認知の歪み、自動思考、スキーマ。

関谷透、うつ病の最新治療

うつ病の人が陥りやすい11のマイナス思考が列挙されていました。繰り返し同じ事を考えてしまうことを自動思考(スキーマ)と言うんだそうです。家族やカウンセラーが、対象者の自動思考について話し合って、おかしな点を指摘したり、実際の行動で検証してみたりしながら修正していく技法を認知行動療法と言います。

※国立精神・神経医療研究センターHPより認知行動療法とは
http://cbt.ncnp.go.jp/guidance/about

※wikipedia 認知行動療法
https://ja.wikipedia.org/wiki/認知行動療法

1、全か無かの思考。オールオアナッシング、完璧主義ですね。そんなに世の中割り切れるものじゃないですよねと話し合う。
2、自責思考。良くないことはすべて自分の欠点やミスのせいだと責める。仕方なかったのでは?他の原因もあるでしょ?
3、破局化思考。将来を悲観してしまう。明日のことや、将来のことなんて分からないよ?
4、情動的推論。その場の感情で悪い方向に推論を働かせてしまう。冷静に考えてみよう。悪いこともあれば良いこともあるよね?捨てる神あれば拾う神ありというし。
5、「べき」思考。かくあるべきという理想の姿と自分との乖離に悩む。そんなの無理無理、ベストを尽くせばそれで良いじゃない?
6、選択的問題化。細かい事項について否定的側面に固執してしまう。重箱の隅をつつくような問題。全体ではどうなっているか、見直してみようよ。大局的にみるとどうなの?
7、肯定的側面の除外。良いことに目をつむり悪いことばかり考えてしまう。ちょっと待ってよ、こういう良いこともあるじゃない?あれも、これも、良いことだよね?
8、過度の一般化。隣人知人の良い点を捉えてみんなそうなのに、自分はダメであると決めつけてしまう。そのひとはたまたま良かったんじゃないの?みんなそうかは分からないよね?きちんとしたデータに基づいて考えてますか?
9、過大評価と過小評価。ほめられているのにけなされていると受け取ってしまう。良いことを過小評価していないか、悪いことを過大評価していないか?
10、ラベリング。私は老人性うつ病で死ぬまで治らないと決めつける。どうしてそんなこと分かるの?その診断が正しい保証はある?病気の程度がどうなのか、毎日変化するし分からないでしょ?
11、飛躍的推論。咳が止まらないから肺ガンかもしれない、などと考えてしまう。そんなわけないでしょ。普通は風邪だよね。1週間何も考えず養生して過ごしてみよう。それからまた考えませんか?

よく考えますと、友達同士とか、家族間で、励まし合ったりするときに自然に会話している内容にも思われます。そういうプラス思考の会話、毎日工夫して積み重ねていくと良いですね。