カテゴリー
トピックス

鉄分牛乳比較

日本人に不足しがちなミネラル、鉄分、カルシウム、マグネシウム、カリウムですが、特に月経初期の未成年女子には成長に欠かせない栄養素です。これを一挙に解決するのが、スーパーやコンビニで売っている「鉄分牛乳」です。未成年女子の居るご家庭では常備して対策すると良いでしょう。そして未成年じゃない閉経前の女性が居るご家庭では、月の半分位の期間に鉄分牛乳を常備すると良いでしょう。

じゃあ鉄分牛乳はどれを買えば良いでしょう。ちょっと気になったので成分比較してみました。すべてコップ1杯200mlあたりの栄養成分です。マグネシウムとカリウムの表示はありませんでしたが、普通牛乳だと200mlでマグネシウム20mg、カリウム300mgの摂取ができます。

Screenshot of www.meg-snow.com

※雪印メグミルク「すっきりCa鉄」・・・鉄3.4mg、カルシウム340mg、ビタミンD2.75μg、炭水化物10.1g、脂質1.2g

Screenshot of www.meiji.co.jp

※明治「ミルクラブ」・・・鉄3.4mg、カルシウム340mg、ビタミンD1.3µg、炭水化物11.2g、脂質2.4g

Screenshot of www.glico.com

※グリコ「カルシウムと鉄分の多いミルク」・・・鉄5.0mg、カルシウム483mg、ビタミンD2.8μg、炭水化物12.8g、脂質2.4g

Screenshot of www.morinagamilk.co.jp

※森永「PREMiL 1日分の鉄分」・・・鉄7.7mg、カルシウム481mg、炭水化物11.5g、脂質2.3g

ということで、スーパーでよく見かける、雪印メグミルクと明治の鉄分牛乳よりも、グリコや森永の方が鉄分が多くなっていることが分かります。免疫力を維持するといわれるビタミンDの配合量も各社バラツキがあります。目的に応じて使い分けることが良いでしょう。

・痩せたい時→雪印メグミルク「すっきりCa鉄」

・鉄分を増やしたい時→森永「PREMiL 1日分の鉄分」

・ビタミンDを補給したい時→グリコ「カルシウムと鉄分の多いミルク」

・無難に過ごしたい時→明治「ミルクラブ」

結局、ローテーションで買うのがお勧めということになります。

カテゴリー
トピックス

スキャモンの発育曲線

Richard Everingham Scammon による発達発育曲線は、幼児期から青年期の栄養補給の参考になるものです。大人は体力健康維持のために食事をしますが、子供は、体力健康維持に加えて「発育発達」のために食事をしています。ですから小中学生女子の鉄分や中高生のカルシウムのように、「大人よりも子供のほうが沢山食べなければならない栄養素」もあります。

勿論たんぱく質も筋肉や免疫細胞や血液の材料となるので重要です。子供にとっては、鉄分、カルシウム、たんぱく質がブレインフードと言っても過言ではありません。

子どもの将来は食事で決まる! 健康すくすくレシピBOOK

こちらの本に、おすすめレシピとして「スコッチエッグ」が紹介されていました。ゆで卵をひき肉で包んで揚げたり焼いたりするイギリス定番の料理だそうです。日本だとおでんで食べる「うずらがんも」が似た感じでしょうか。とにかく、卵とひき肉(魚のすり身)という組み合わせが発達期の子供にピッタリのレシピということですので、日常生活に取り入れてみましょう。

Screenshot of www.kikkoman.co.jp

※参考記事

新栄養素コリン

タンパク質

カテゴリー
トピックス

認知症のコリン作動性仮説

Screenshot of en.wikipedia.org

アルツハイマー病(alzheimer disease AD)の原因に関する「コリン作動性仮説」を御存知でしょうか。ADの2つの重要な要素である記憶と学習の両方に関与する神経伝達物質であるアセチルコリンの合成の低下によりADが発病するという仮説です。ADの現在の薬物療法の多くはコリン作動性仮説に依拠しています。1980年代に実施された研究では、アルツハイマー病患者ではコリン作動性マーカーの重大な障害が示されています。

※参考論文、コリン作動性仮説の歴史

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/20060018/

それで、前脳基底部のコリン作動性ニューロンの変性とそれに伴う大脳皮質および他の領域のコリン作動性神経伝達の喪失が、アルツハイマー病の患者に見られる認知機能の低下に大きく寄与するのではないかと提案されたのです。

※参考論文、老人性記憶機能障害のコリン作動性仮説

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/7046051/

コリン作動系とADに関する研究は、アセチルコリンが学習と記憶に役割を果たすことを示しました。抗コリン作用薬であるスコポラミンは、若年成人のコリン作動性活性を遮断し、高齢者に見られるものと同様の記憶障害を誘発すると報告されました。若年者の一時的な記憶障害は、コリン作動薬であるフィゾスチグミンで治療すると改善したのです。ただし、老年AD患者の記憶障害を元に戻すことは、脳構造の永続的な変化のため、これほど簡単ではないと言われています。

これらの知見を我々の食生活・日常生活に活かしていくには、次の対策が考えられます。これらの食品はブレインフードです。

  • 神経伝達物質アセチルコリンを増やす。材料となるコリンは、レバー肉、赤身肉、鶏卵、大豆、魚類、野菜類などに含まれますので意図的に摂取しましょう。
  • 神経伝達物質アセチルコリンを減らさない、つまりアセチルコリン分解酵素(コリンエステラーゼ)を減らす。コリンエステラーゼは肥満・過栄養で増加するので、適正体重・適正栄養を心掛ける。サンルージュ、べにふうき、タデ科植物にコリンエステラーゼ阻害作用の可能性があるので積極摂取する。
  • 市販の抗コリン薬は控える。第一世代の抗ヒスタミン薬(アレルギー薬)は要注意です。「眠くならない」アレルギー薬の方が抗コリン作用が弱くなっています。

※参考記事、サンルージュ茶、べにふうきのコリンエステラーゼ阻害活性

https://www.nipponpapergroup.com/news/year/2016/news161118003566.html

※参考記事

新栄養素コリン

フェンネルの記憶増強作用

不老梅本舗の梅肉エキス

※参考食材

サンルージュ茶

べにふうき茶

タデ酢