カテゴリー
トピックス

うつ病原因遺伝子発見

Screenshot of jikeivirus.jp

慈恵医科大学のウイルス学講座・近藤一博教授らが、うつ病の原因遺伝子を発見し、論文がiScience誌(Cell Press)に掲載されました。

https://www.cell.com/iscience/fulltext/S2589-0042(20)30372-2#%20

今まで、ヒトの遺伝子の中にはうつ病の原因となる遺伝子は発見されていませんでしたが、ヒトと共生する微生物を含む遺伝子(メタゲノム)に研究対象を広げてうつ発症との相関関係を調べたところ、ほとんど全てのヒトに潜伏感染しているヒトヘルペスウイルス6(HHV-6)の遺伝子SITH-1がストレスレジリエンスを低下させることで、うつ病を発症させることが発見されたということです。

SITH-1のうつ病発症におけるオッズ比は12.2倍、頻度は79.8%であり、極めて効果の大きな遺伝子であるということです。

ヘルペスウイルスといえば帯状疱疹やクチビルに出来るブツブツ(口唇ヘルペス)ですね。風邪を引いたあとに出来やすいことから「風邪の華」と呼ばれます。ヘルペスウイルスが活性化すると、うつ発症リスクも高まることが分かったのです。

Screenshot of brand.taisho.co.jp

そうであれば、ヘルペスウイルスが増殖するような環境を回避できれば、うつ病も回避出来る可能性が高まることになります。

ということで、「疲労回復」「睡眠改善」に役立つような食事を摂ることでウツ病予防をすることができる可能性が分かったのです。疲労回復や睡眠改善できるような栄養成分や食材は、ブレインフードの性質を持っていることになります。勿論、規則正しい睡眠や、軽い有酸素運動や、ぬるめの15分入浴や、精神的ストレス軽減も大切です。

※疲労回復食材・栄養成分

・BCAAアミノ酸(マグロ、カツオ、鶏ムネ肉)

・イミダゾールペプチド(マグロ、カツオ、鶏ムネ肉)

・代謝促進=クエン酸(レモン、黒酢、梅干し)

・代謝促進=ビタミンB群(レバー、ニンニク、納豆)

Screenshot of report.ajinomoto-kenko.com

※睡眠改善食材・栄養成分

・GABA(ガンマアミノ酪酸、グルタミン酸から生合成、コンブ、チーズ、緑茶、シイタケ、トマト、魚介類)

・グリシン(エビ、ホタテ、イカ、カニ、カジキマグロ)

・テアニン(グルタミン酸誘導体、玉露緑茶)

※参考論文、睡眠改善食品~機能性表示食品成分グリシンを中心として

https://www.jstage.jst.go.jp/article/faruawpsj/52/6/52_530/_pdf

※参考記事、テアニンのおはなし(太陽化学)

https://www.taiyokagaku.com/lab/theanine_story/

※参考食材

アサヒ、ネナイト

RelaCare

アミノバイタル クエン酸チャージウォーター

カテゴリー
トピックス

チャーガの抗炎症作用

Screenshot of ja.wikipedia.org

ロシアの民間家庭薬として使われている、カバノアナタケ(チャーガ、Fuscoporia obliqua)ですが、抗がん効果、免疫強化作用、活性酸素除去作用、抗エイズウイルス効果、抗インフルエンザウイルス効果、O-157などに対する抗菌作用、糖尿病や高血圧の予防と改善作用、アレルギー疾患の予防と改善作用、慢性肝炎や慢性腎炎の予防と改善作用などが期待されています。

※チャーガの毛細血管抗炎症作用

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31437163/

抗炎症作用が期待できるということは、血管性認知症の予防・改善作用も期待できる可能性があります。

※グルコシダーゼ阻害剤Fuscoporia obliquaによる食後血糖値の低下作用

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/18416085/

※チャーガによる炎症性腸疾患(IBD)改善作用

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30856346/

※参考食品

アマゾン通販、チャーガ関連食品リスト

FUJI Organics, チャーガ含有ブレインココア

北海道産 カバノアナタケ茶 チャーガ茶 ティーバッグ

カテゴリー
トピックス

慢性炎症

宮坂昌之、定岡恵、免疫と「病」の科学

現代病とも言える「慢性炎症 Chronic Inflammation」が、認知症やうつ病の原因にもなっていることがよく分かりました。それだけでなく、ガンや糖尿病や脂質異常症や心筋梗塞や脳梗塞やアトピー性皮膚炎や、リウマチや乾癬や潰瘍性大腸炎など、ありとあらゆる病気の原因になっているということです。慢性炎症は万病のもと、というわけです。欧米では「シークレットキラー」、「サイレントキラー」として警戒されるようになっているのだそうです。2004年2月号では慢性炎症がTIME紙の表紙を飾りました。

認知症とか鬱病とか、糖尿病とか、ガンとか、その病気の治療はもちろん必要なのですが、我々は個別の病気というよりむしろ「慢性炎症と闘っている」ということを認識すべきなのですね。

それで第6章「慢性炎症は予防できるのか?」を必死に読みました(笑)。でも、当然ながら、決定打というものは無いのですね。

(1)健康習慣・・・過ぎたるはなお及ばざるがごとし。中庸の徳を実践しましょう。貝原益軒先生の「養生訓」に次のような文章があります。

「養生の道は、病なき時慎むにあり、病発りて後、薬を用ひ、針灸を以って病を攻むるは、養生の末なり。本を努むべし。」

普段からの生活習慣が大事ということです。

(2)遺伝要因・・・がんになりやすい家系、なりにくい家系、糖尿病になりやすい家系、なりにくい家系があるということです。両親や祖父母の病気の傾向を再確認し、将来に備えて養生するという対策が考えられます。

(3)サプリメント・・・効果効能を表示できる健康食品もあるが、査読付き論文であっても査読者の人選など疑問が残る場合があるので、過信しないほうが良いそうです。さらに、効能がありそうな栄養成分があっても、サプリメントとして摂る場合と、食品から摂る場合で有効性が変わることがあるのだそうです。サプリメントでは十分な量が摂れなかったり酸化されてしまったりするのだそうです。

(4)ストレスは最大の敵・・・ストレスにより分泌される副腎皮質ホルモンが免疫力を抑制することが分かっています。「心を穏やかにして平常心をたもつ」ことが大事になります。

(5)5つの健康習慣・・・国立がん研究センターが推奨しているガン予防ガイドラインが、慢性炎症の予防にもつながると考えられます。

※国立がん研究センターの紹介ページ

https://epi.ncc.go.jp/can_prev/93/7957.html

「禁煙」、「節酒」、「食生活を見直す」、「身体を動かす」、「適正体重を維持」の5つです。節酒は1日大瓶1本まで。食生活は、塩分1日7グラム以下、野菜350グラム以上、熱い食べ物や飲み物は冷ましてから摂る。運動は1日40分以上が推奨されています。BMIは21から25未満が良いようです。