テストの前に食べるモノは?

中学受験、高校受験、大学受験、資格試験、就職試験、面接、仕事の大事なプレゼン、好きな人に告白プロポーズなどなど、人生の大事な場面で、脳をフル回転させる必要がありますね。

そんなとき、何を食べて出発すれば良いのでしょう。また、昼食の弁当には何を用意すれば良いのでしょう。脳のスタミナ切れを防止するためには、どのような栄養素を摂れば良いのでしょう。

例えば、受験時間が朝9時~午後2時となっている場合を考えてみましょう。仮に、家を出発する時間を朝7時半としましょう。朝食を食べるのは朝7時となります。

脳細胞が利用できる栄養素は「ブドウ糖と、ケトン体」と言われています。このふたつの成分の血中濃度を持続させることが脳のスタミナ切れ防止に繋がりそうです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%88%E3%83%B3%E4%BD%93

 

※参考URL、恩賜財団済生会HPより、栄養素が血糖に変わる割合と速度
https://www.saiseikai.or.jp/feature/recipe/column/006/

※参考URL、日清オイリオ、MCTサロン(中鎖脂肪酸)
http://www.nisshin-mct.com/contents/page195.html

※参考URL、シドニー大学、glycemic index サイト
http://www.glycemicindex.com/about.php

こちらのグラフを拝見しますと、高GI糖質は1時間後、低GI糖質は1.5時間後、タンパク質および中鎖脂肪酸は3時間後、脂質は約10時間後に、血糖値とケトン体のピークをもたらすことが分かります。午前11時から3時間引くと午前8時となりますね。午前11時にピークを持って行きたければ、午前8時にタンパク質と中鎖脂肪酸を食べろということになります。中鎖脂肪酸は、ココナッツオイルや牛乳に含まれているそうです。MCTオイルを効率良く摂取できるメモリオンという健康食品もあります。

※日清オイリオ、健康食品メモリオン

また、午後1時半にピークを持って行きたければ、12時半に炭水化物中心で昼食を摂れということになります。

ということで、試験の日は、朝食にタンパク質と中鎖脂肪酸中心で、昼食に炭水化物中心で食べると良いということになりますね。炭水化物の種類で言えば、朝食は玄米、ソバ、全粒粉スパゲティなど低GI穀物で、昼食は精白米や白パンなど高GI穀物が良いことになります。

それに、BDNF脳由来神経栄養因子を増やす食材としてチョコレートが注目されています。試験会場に入る直前に、ハイカカオチョコレートを一粒食べるのも良いかも知れません。

※参考URL、明治、チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究
https://www.meiji.co.jp/chocohealthlife/news/research_final.html

よく考えたら、試験当日だけでなく、普段から、勉強するときに、色んなことを覚えたい時に、タンパク質とMCTオイルを活用することは大事かもしれませんね。脳内に栄養素を良く行き渡らせた状態で勉強した方が記憶の定着も良いはずです。

なお、以上の検討内容を試験当日に生かすためには、事前に何度も模擬試験などで練習することをお勧めします。食材が合わなくて下痢になったりしちゃうこともありますので!

言葉のクスリ、新古今和歌集より秋歌

新古今和歌集は、後鳥羽院の命により編纂された勅撰和歌集です。建仁元年(1201年)、後鳥羽院の御所に和歌所が設置され選定作業が始まりました。編集方針は、万葉集から古今和歌集に始まる7つの勅撰和歌集まで、今まで選ばれなかったものの中から選ぶというものでした。古今東西、身分の高低を問わず、写実の歌から目に見えない神仏の言葉、夢に出て来た情景まで、広く集める方針でした。選者は源通具・六条有家・藤原定家・藤原家隆・飛鳥井雅経・寂蓮の6名ですが、後鳥羽院自身や院歌壇の様々な歌人が編纂に加わったとされ、また、承久の乱(1221年)により隠岐に流された後まで長年改訂が続いたという特徴があります。

秋歌一首、御紹介致します。

-----

西行法師すすめて、百首よませ侍りけるに

見渡せば
花も紅葉もなかりけり

浦のとまやの
秋のゆふぐれ

藤原定家朝臣

-----

意訳

晩秋であるから一面みわたしても
夏の名残りの花も、秋の紅葉もすべて無くなっていたよ

この、小さな港の漁師小屋で
秋の夕暮れに

-----

鑑賞

藤原定家といえば西行と並んで和歌のスーパースターですね。そのツートップが会話しているわけです。文治2年(1186年)2月の「二見浦百首」から採られています。和歌って、最初は美しいもの、華やかなものを詠んでいたわけですが、芸術として昇華して、目に見えない複雑な心情や余韻なども詠われるようになってきたんですね。「見渡せば花も紅葉もなかりけり」というのは、「見渡せど花も紅葉もなかりけり」ということですね。見渡しても綺麗な花も紅葉も無いですよと、詠っているんです。「無い」ということは、逆に、別のものが「ある」という意味なんですね。花も紅葉も無くても、別のものがあるから、良いじゃないかと、その別のものを鑑賞し、良く味わいなさいという和歌なんですね。常識的な一般的な価値観で美しいと思えなくても、別の観点で美しさが感じられるはずであるという話ですね。

「しあわせはいつもじぶんのこころが決める」あいだみつおさんの有名な書画がありますね。是非、東京の有楽町のあいだみつお美術館で現物を観ることをお勧めします。

http://www.mitsuo.co.jp/museum/profile/collection.html

 

気の持ちようで、寂れた秋の漁村でも、美しさや幸福を感じられるはずだということですね。潮の香り、浦に夕日が掛かる幻想的な景色、青空と、真っ赤な夕日と、その中間の色、混ざり合って複雑な陰影を織り成していますね。五感と研ぎ澄ませて良く感じ取りなさい、嬉しい楽しい幸せだという気持ちを見つけることができるはずだ、ということだと思います。

ビタミンCの摂り方

生田哲、ビタミンCの大量摂取がカゼを防ぎ、がんに効く

この本を読みまして、ライナス・ポーリング博士のことを知ったんですね。ノーベル賞を2回受賞したとか、メガビタミンを提唱して実践して、93歳まで生きた話とか、もう驚くしかありませんね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

 

それで、たまにビタミンC(アスコルビン酸)のサプリメントを買ってきて飲むようになったのですが、これが結構奥が深いんですね。水にビタミンCの錠剤を溶かして飲んでみたら、同じビタミンCのはずなのに味が違うんです。それで成分表示を見ると「アスコルビン酸ナトリウム」って書いてあったり、「セルロース、ステアリン酸カルシウム」って書いてあったりして納得したんです。それ以来「ビタミンC原末」って書いてあるものを買うようになりました。これだと水に500mgぐらい混ぜて飲むと「おいしい!」んですよね。カラダに良いものは美味しいんだなと納得です。高血圧予防で塩分を控えたい場合にも、ナトリウムは良くないですよね。

イワキ、ビタミンC原末

ドラッグストアとか通販とかで、「ビタミンC」を買おうとするとほとんどが「ビタミンC原末=純ビタミンC」ではございませんので要注意です。必ず成分表示のところに、シンプルに「アスコルビン酸」しか書いてないものを買いましょう。探すのが面倒な場合は「岩城製薬」の粉タイプを買うのがお勧めです!純ビタミンCを入れただけの水って、ホントおいしいですよ!

言葉のクスリ、新古今和歌集より春歌

新古今和歌集は、後鳥羽院の命により編纂された勅撰和歌集です。建仁元年(1201年)、後鳥羽院の御所に和歌所が設置され選定作業が始まりました。編集方針は、万葉集から古今和歌集に始まる7つの勅撰和歌集まで、今まで選ばれなかったものの中から選ぶというものでした。古今東西、身分の高低を問わず、写実の歌から目に見えない神仏の言葉、夢に出て来た情景まで、広く集める方針でした。選者は源通具・六条有家・藤原定家・藤原家隆・飛鳥井雅経・寂蓮の6名ですが、後鳥羽院自身や院歌壇の様々な歌人が編纂に加わったとされ、また、承久の乱(1221年)により隠岐に流された後まで長年改訂が続いたという特徴があります。

春歌一首、御紹介致します。

-----

百首歌に

はかなくて
過ぎにしかたを
数ふれば

花に物思ふ
春ぞ経にける

式子内親王

-----

意訳

桜が散るのを見ると、本当にはかないものだ
去年の桜、一昨年の桜、過ぎ去った年月を
数えているうちに

今年も恋に人生に思い悩む
春が過ぎ去ろうとしているなあ

-----

鑑賞

正治2年(1200年)後鳥羽院の命により献上された「正治初度百首」から採られた一首です。

「はかなし」というのは、漢字で「果無し」と書きますね。現代語とあまり意味は変わらないですね。あっけない、頼りない、という感じでしょうか。桜の花があっけなく散っていく様子を詠んでいるんですね。はかないなあ、、と歌い出して、そういえば去年も、おととしも、こんな感じであっけなく散っていったなあ。何年前まで思い出せるかなあ。年月を数えているときに、その当時の気持ちも一緒に思い出します。気持ちって、まあ、だいたい、好きな男性の事ですね。人生の悩み事かも知れません。桜が散るときに考えていることですから、だいたいマイナス思考ですね。恋愛にしろ、人生にしろ、悩み事なんですね。でも、この歌は「春ぞ経にける」と、思い悩む春は終わってしまったよと詠んでいるんですね。くよくよしても仕方ない、と、悩み事を相対化して、客観視しているわけです。これは、悩みを消化するテクニックと考えることができるかも知れません。

あらためて鑑賞しますと、この式子内親王の和歌って、素晴らしいものが目白押しなんですよね。和歌の天才といえるかも知れません。後白河天皇の第3皇女で、賀茂神社の斎宮を務めた偉い方だったんですね。そんな方が情熱的な恋の歌や、豊かな情景描写の和歌を残しておられるんですね。彼女は10歳から20歳まで斎宮を務め、生涯独身でしたから、恋の歌については、夫婦として結ばれない陰影があるようにも思われます。プラトニックラブというのでしょうか。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%8F%E5%AD%90%E5%86%85%E8%A6%AA%E7%8E%8B

 

有名な百人一首から一首。

玉のをよたえなはたえね なからへは 忍ふることのよはりもそする

意訳=あなたを想いすぎて体調が悪い。我が命よ、絶えるというなら絶えておくれ!このまま生き長らえて、あなたを想う気持ちが弱くなるのは耐えられない!

正治初度百首からもう一首。

夢のうちも 移ろふ花に風吹きて しづ心なき 春の転た寝

意訳=夢の中までも、散りゆく桜花に風が吹いて、心がかき乱されている、春のうたた寝で。

「しづ心なき」って「静心なき」と漢字で書きますね。なんとも幻想的な和歌です。夢の中でも桜吹雪が舞っていて、静かな心がかき乱されてしまう、寝ても覚めてもあなたのことを想っていますというわけなんですね。

式子内親王のファンになってしまいました。全集とか出ているんでしょうか。少し調べてみたくなりました。

ベンゼン環から逃げろ!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%83%B3

 
https://ja.wikipedia.org/wiki/IARC発がん性リスク一覧

ベンゼンって言えば、WHOのIARCも発がん物質の1類(ヒトに対する発癌性が認められる)に分類する危険物質ですが、意外に、名前を変えて、ベンゼン化合物が食品添加物に使われているんですね。ベンゼンは、化学式C6H6で、正六角形の頂点に炭素原子があり、その外側にひとつずつ水素原子が結合している形となっています。これをベンゼン環と言います。これがDNAの塩基に構造が似ているため、DNAを損傷して発ガン性を生じると考えられています。

ベンゼンは便利な有機溶剤として昔はコンビニでも売られていた物質ですが、今は有機溶剤としての使用も禁止され、勿論食品添加物として使用することも認められていません。しかし、ベンゼン化合物は別です。ベンゼンに様々な物質が化合したり、ベンゼン環の炭素原子の一部が他の元素に置き換わったりしているものを、ベンゼン化合物、特有の芳香を持つことから、「芳香族化合物」と呼びます。もちろん芳香族化合物はベンゼンそのものとは違いますので、発がん性の有無は個別に審査しなければ分からないことですが、何らかのはずみで、ベンゼン化合物が分解されてベンゼンが出て来てしまうことがあり、その場合は、ヒトの細胞にとってDNA損傷の脅威となってしまいます。清涼飲料水の安息香酸がビタミンCで還元されてベンゼンが検出された事件もありました。安息香酸って、英語では、benzoic acid と言うのですが、日本語にするとベンゼンとは何の関係も無い様に見えるから不思議ですね。

※厚生労働省の報道発表資料、清涼飲料水中のベンゼンについて
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/07/h0728-4.html

そのため、ベンゼン環を含むあらゆる物質(芳香族化合物)を身体から遠ざけるという対策も考えられることになります。「君子あやうきに近寄らず」ということわざもありますし、「ベンゼン環から逃げろ!」ということですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B3%E9%A6%99%E6%97%8F%E5%8C%96%E5%90%88%E7%89%A9

 

ベンゼン環は、多くの保存料や甘味料に入っています。有名なところでは、安息香酸、サッカリン、アステルパームなどです。ベンゼン環の炭素原子の一部が他の元素に置き換わったものが含まれる人工甘味料もありますね。「カロリーオフ」「カロリーゼロ」とかはむしろ回避すべきなのではないかと思えます。

例えばビール。「糖質オフ」とか「糖質ゼロ」とか良く売っていますけど、それより「普通のビール」をたまに(週に1回とか)飲んだ方が良いと思いました。はい、うちでは今後、普通のビールを飲むように致します。