カテゴリー
トピックス

プロシアニジンで悪玉コレステロールを下げろ

Screenshot of en.wikipedia.org

植物由来ポリフェノールの一種、プロシアニジンに、悪玉LDLコレステロールを低下させる作用が報告され、機能性表示食品でも採用されています。プロシアニジンは、カテキンなどのタンニンが組み合わされた化合物です。脂質代謝促進作用の他、抗酸化作用=抗炎症作用、薬物代謝促進作用、肝損傷抑制作用、糖代謝促進作用、抗アレルギー作用、抗腫瘍活性、抗加齢作用などが報告されています。食品では、リンゴ、ブドウ、カカオ、黒大豆、シナモン、ナッツ、緑茶、ビルベリー、クランベリーなどに含まれています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/1日1個のリンゴは医者を遠ざける

「1日1個のリンゴは医者を遠ざける An apple a day keeps the doctor away」というイギリスのことわざがありますが、この根拠がプロシアニジンかもしれないのです。このことわざを検証しようとして、通常の食事に「毎日1個のリンゴを追加」する実験が行われましたが、総摂取糖分量が増加した弊害も観察されたということです。食事の一部をリンゴに置き換えるような生活習慣が良いのでしょう。

悪玉LDLコレステロール低下作用があるということは、血行改善作用があるということです。当サイトでは、血行改善する食べ物は全て脳の働きを高めるブレインフードの性質があると考えて御紹介しております。

※伊右衛門プラス

Screenshot of www.suntory.co.jp

※花王、ヘルシア プロシアニジン ポリフェノールの力

Screenshot of www.kao.com

※参考記事、日本農芸化学会、プロシアニジンの機能性

https://katosei.jsbba.or.jp/view_html.php?aid=669

※参考記事、日本農芸化学会、リンゴ由来プロシアニジン類の機能評価と機能性表示食品の開発腸内環境に着目したリンゴの機能性研究

https://katosei.jsbba.or.jp/view_html.php?aid=855

※参考記事、青森県りんご対策協議会

プロシアニジンとは

※通販紹介

サントリー、伊右衛門プラス

花王ヘルシア、プロシアニジン ポリフェノールの力

JAアオレン、希望の雫

カテゴリー
トピックス

グラノーラで認知機能維持

Screenshot of www.calbee.co.jp

グラノーラの定義は難しいのですが、要するに、「オーツ麦(エンバク)」と「ライ麦」と「小麦全粒粉(グラハム粉)」が入っている食べ物なんですね。その中で、「オーツ麦」に認知機能維持効果があるという報告があります。green-oat extract (GOE) に認知改善作用があるということです。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26618715-acute-effects-of-a-wild-green-oat-avena-sativa-extract-on-cognitive-function-in-middle-aged-adults-a-double-blind-placebo-controlled-within-subjects-trial/

それならオーツ麦を沢山食べましょうと思いますが、日常生活でオーツ麦を摂るのは至難の業ですね。オートミールというのもありますが日本では入手しにくいですね。一番簡単なのが、「グラノーラ」で摂ることになります。普通のグラノーラは砂糖が多いので、「糖質オフタイプ」のグラノーラを推奨します。朝食で、180ccのカップ1杯のグラノーラと牛乳200ccを摂りますと、食物繊維7gと鉄分も5mg摂れるようです。グラノーラもブレインフードだと御存知でしたか?

※関連食品

カルビー、フルグラ糖質オフ

日清シスコ、ごろっとグラノーラ

カテゴリー
トピックス

新栄養素コリン

Screenshot of ods.od.nih.gov

1998年にアメリカで「コリン」が新しい栄養素に指定され推奨摂取量が定められました。体内で神経伝達物質アセチルコリンに生合成され、認知機能や記憶力の維持に役立つとされ、「頭がよくなる栄養素」とも言われます。食品中にはリン脂質「ホスファチジルコリンPC」レシチンとして含まれ摂取されています。コリンは、レバー肉、赤身肉、鶏卵、大豆、魚類、野菜類などに含まれます。残念ながら日本では摂取基準が定められていません。アメリカの国立衛生研究所の摂取基準を勉強して生活に取り入れましょう。

コリンの適切な摂取量(AI)
年齢、男性、女性、妊娠期、授乳期
生後6ヶ月、125 mg /日、125 mg /日
7〜12か月、150 mg /日、150 mg /日
1〜3年、200 mg /日、200 mg /日
4〜8歳、250 mg /日、250 mg /日
9〜13歳、375 mg /日、375 mg /日
14〜18歳、550 mg /日、400 mg /日、450 mg /日、550 mg /日
19歳以上、550 mg /日、425 mg /日、450 mg /日、550 mg /日

コリンを含む食物
食当たりのミリグラム(mg) 、所要摂取割合(DV%)
牛レバー、フライパン85グラム、356mg、65%
卵、ゆで、大きな卵1個、147mg、27%
牛肉赤身、蒸し煮85グラム、117mg、21%
大豆、ロースト、118cc、107mg、19%
鶏の胸肉、ロースト85グラム、72mg、13%
牛肉ひき肉、赤身93%、焼き、85グラム、72mg、13%
魚、タラ、85グラム、71mg、13%
しいたけ、118cc、58mg、11%
ジャガイモ、焼き1個、57mg、10%
小麦胚芽、トースト28グラム、51mg、9%

レバー肉を85グラム食べるのは大変ですね。卵1個食べても27%しか摂れませんから、毎日卵1個は必須じゃないでしょうか。

コリンは、成人女性の妊娠期と授乳期に不足しやすいとされている栄養素です。妊娠中の女性の約90%〜95%は、コリンのAdequate Intake (AI、適切摂取量)に不足していると懸念されます。葉酸やビタミンB12が不足している場合は、コリン不足の悪影響が増幅されるおそれがあります。つわりで大変ですが、レバーと卵を頑張って食べましょう。

 

※参考論文、脂質系栄養素:コリンの普及に際し、アメリカの現状から

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jln/26/1/26_89/_pdf

※参考書籍

久保田競監修、子どものためのブレインフード&レシピ71