脳機能サプリメントの個人輸入

厚生労働省の通達が出ました。

https://www.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T181211I0040.pdf

---引用開始

脳機能の向上等を標ぼうする医薬品等を個人輸入する場合の取扱いについて厚生労働省において、脳機能の向上等を標ぼうして海外で販売されている医薬品やサプリメント等の食品について調査した結果、医療用医薬品に使用されている成分を含んでいることを標ぼうしているものが多数認められました。薬物依存等に関する研究を行っている団体の専門家の意見や厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会における議論を踏まえて検討した結果、別添の成分は、医師の処方せん又は指示によらない個人の自己使用によって健康被害や乱用につながるおそれが高いと考えられます。
そのため、平成 31 年1月1日から、別添の成分を含む、海外で販売されている医薬品や食品等については、海外からの入国者が国内滞在中の自己の治療のために携帯して輸入する場合を除いて、数量に関わらず、あらかじめ薬監証明の交付を受けない限り、一般の個人による輸入は認めないこととするので、御了知願います。

---引用おわり

その禁止される成分のリストはこちらです。

1 アテノロール Atenolol
2 アトモキセチン Atomoxetine
3 アドラフィニル Adrafinil
4 アニラセタム Aniracetam
5 エチラセタム Etiracetam
6 オキシラセタム Oxiracetam
7 ジヒドロエルゴトキシンメシル酸塩 Dihydroergotoxine Mesilate
8 ソマトロピン(遺伝子組換え) Somatropin
(Genetical Recombination)
9 タンニン酸バソプレシン Vasopressin Tannate
10 チアネプチン Tianeptine
11 デスモプレシン酢酸塩水和物 Desmopressin Acetate
Hydrate
12 デヒドロエピアンドロステロン Dehydroepiandrosterone
(略称:DHEA)
13 ナドロール Nadolol
14 ニセルゴリン Nicergoline
15 ニモジピン Nimodipine
16 ネフィラセタム Nefiracetam
17 ビンポセチン Vinpocetine
18 ピラセタム Piracetam
19 フロセミド Furosemide
20 ブロモクリプチンメシル酸塩 Bromocriptine Mesilate
21 プラミラセタム Pramiracetam
22 プレグネノロン Pregnenolone
23 プロカイン塩酸塩(外用剤を除く。) Procaine Hydrochloride
24 プロプラノロール塩酸塩 Propranolol Hydrochloride
25 レベチラセタム Levetiracetam

なかなか日常生活ではお目に掛からない難しい成分名ですが、少しずつ調べてみたいと思います。

エブセレンの神経保護作用

https://en.wikipedia.org/wiki/Ebselen

微量元素セレン化合物エブセレンに、抗炎症、抗酸化および脳神経保護作用があるという報告があります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%83%B3

※エブセレンのアルツハイマー病マウスにおける記憶障害改善作用を報告する論文

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30521994

エブセレンの材料となるセレンを含有する食品をリストアップします。セレンの食事摂取基準は推定平均必要量が20-25µgとされていますが、日本人の平均的なセレンの摂取量は100 µg/日であり欠乏症は生じにくいと言われていますが、エブセレンのメリットを享受するにはセレン摂取を意識することも良いと思います。

※文部科学省、食品成分DBより、食品100gあたりのセレン含有量(マイクログラム)

・かつお節、320μグラム

・からし粉、290μグラム

・あんこうきも、200μグラム

・生たらこ、130μグラム

・マガレイ、110μグラム

・サバ開き、110μグラム

・クロマグロ刺身、110μグラム

・カツオ刺身、100μグラム

セレン含有量は魚介類の圧勝ですね。日本人が頭脳明晰なのは魚を食べていたからかもしれません。日本人が魚を食べなくなったらヤバいということですね。

マグネシウムを摂ると痩せる

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30518394

メキシコの20〜65歳の成人1573人の調査で、食事中のマグネシウム摂取量の増加は、脂肪分泌マーカーの減少と関連しており、1000kcalあたり10mgのマグネシウム増加は、BMIの平均低下率0.72%および0.49 cmのウエストサイズ減少を認めたとのことです。

マグネシウムは約300種類の酵素反応に使われ、代謝に必須のミネラルです。アルコール摂取により尿のマグネシウム濃度が上昇するので欠乏症の原因となり、神経精神障害のリスクが高まります。ストレスで飲酒するのは悪循環の始まりです。

マグネシウムを摂るなら豆腐がお勧め食材です。

絹ごし豆腐100gの栄養成分(文部科学省、食品成分DBより)
水分89.4g
たんぱく質4.9g
炭水化物2.0g
カリウム150mg
マグネシウム55mg

その他、マグネシウムを豊富に含む食材は、全粒粉、玄米、蕎麦、大豆、アーモンド、海藻類、ピュアココア、ごま、抹茶、コーヒー、カレー粉などがあります。好き嫌い無く色んな食材を摂るべきでしょう。

ごはん小盛り1杯と納豆1パックを比較する

http://www.takanofoods.co.jp/products/

 
糖質制限ダイエットには様々な方法がありますが、「夕食のゴハンを納豆1パックに変える」という作戦もなかなか快調でお勧めです。夕食の主食を大豆に変えるということです。

https://www.tablemark.co.jp/products/normal_temp/rice/index.html

 
パックライスも色々試したのですが、個人的にテーブルマークの小盛りタイプが一番おいしいと思いました。

夕食のゴハン小盛り100gの栄養成分と、納豆1パック50gの栄養成分を比較してみましょう。ごはん小盛り1杯は、おにぎり1個分とだいたい同じ糖質量です。納豆はタレからしを除いた納豆のみ計上しています。

ごはん100g、納豆50g
エネルギー147kcal、101kcal
たんぱく質2.2g、8.0g
脂質 0.2g、4.6g
炭水化物 34.1g、7.0g
食塩相当量0.02g、0.002g

大豆油の組成は、オメガ3が7パーセント、オメガ6が50パーセント、オメガ9が22パーセント、飽和脂肪酸(パルミチン酸)が15パーセントとなっています。脂質が多いので、納豆パックは1日1回が良さそうです。納豆には血行促進作用もありますので、血液がドロドロになりがちな深夜に向けて、夕食で摂るのが良さそうです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/大豆油

パッションフラワーの鎮静作用

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%82%A6

 
古来ハーブティーとして使われてきたパッションフラワー(トケイソウ)に、動物実験で脳神経保護作用が確認されています。鎮静、鎮痛、精神安定、抗痙攣、不眠の緩和、血圧の降下、ヒステリーやノイローゼの緩和などの作用があると言われてきました。

※動物実験でパッションフラワーの有効成分クリシンに脳神経保護作用があることを報告する論文
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30500344

※wiki,クリシン

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%B3

 

たまには飲んでみるのも良いでしょう、パッションフラワーのハーブティー。

生活の木、パッションフラワー