ビタミンDで花粉症対策?

斎藤糧三、病気を遠ざける1日1回日光浴
溝口徹、花粉症は1週間で治る!

ご存知でしたか?いま、花粉症に対してビタミンDの大量補給で対策する治療法を採用する医師が増えているんだそうです。書籍での紹介も増えています。医師によって方法は様々ですが、一般的なサプリメントで補給できる量より多めに摂取するということは一致しています。

各国の成人ビタミンD摂取推奨量と、摂取上限量を示します。近年ビタミンDの有用性が明らかになりつつあると言うのに手ぬるい対応ですね、日本の厚労省は!良く言えば慎重な対応ということですけどね。

日本、推奨5.5μg、上限100μg
中国、推奨10μg、上限50μg
米国、推奨15μg、上限100μg

この摂取基準のおかげか、日本で売られているマルチビタミン剤やビタミンDのサプリメントは、概ね5μg程度を補給するものが多くなっているのですが、近年、ビタミンDの大量摂取に対応した製品も出てきました。管理人も花粉症なので、今年は試してみたいと思います。ビタミンDを毎日25μg摂ってみます!

大塚製薬ビタミンD25μg

大塚製薬マルチビタミンミネラル(ビタミンD10μg)

おかゆダイエット

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/smph/nisitama/hokeneiyou/koureisya_frailty/recipe/porridge.html

おかゆと普通のゴハンの栄養成分を比較してみましょう(出典、文科省食品成分データベース)。

ゴハン(玄米、茶碗少なめ1杯100g)
カロリー165kcal
たんぱく質、2.8g
炭水化物、35.6g
脂質、0.86g

おかゆ(全かゆ玄米、米16g、水83g)
カロリー70kcal
たんぱく質、1.2g
炭水化物、15.2g
脂質、0.34g

ということで、おかゆは若干カロリー不足な程のダイエット効果が見込めます。おかゆだと玄米でも食べやすいので子供でも大丈夫です。我が家はいつも卵とじにしています。低糖質なので夕食向きのレシピですね。

ななつぼし玄米

ビタミンD仮説

http://publications.iarc.fr/Book-And-Report-Series/Iarc-Working-Group-Reports/Vitamin-D-And-Cancer-2008

世界の超エリート医師が集まるWHO世界保健機関のIARC国際がん研究機関で、2008年に「ビタミンDとガン」というレポートが発表されました。血中ビタミンD濃度とガンやその他の慢性疾患の罹患率に相関関係があるのではないか、という「ビタミンD仮説」を検証しようとする試みです。(紫外線照射の少ない)高緯度の居住者ほどガン罹患率が高まるという疫学研究に端を発して、血中ビタミンD濃度とガン死亡率の相関関係を評価するメタアナリシス(文献研究)が行われました。

2008年時点の結論としては、直腸結腸ガンについては低ビタミンD濃度とガン発生率に相関関係を認めることができましたが、乳がんについては証拠が限られ、他のガンについては証拠が確認できなかったというものです。いくつかの研究では、血中ビタミンD濃度は、ガンの発生率よりもむしろガンの進行、したがってガンの死亡率に影響を与える可能性があることを示唆しています。

また、無作為化試験に関する公表されたメタアナリシスにより、通常の用量のビタミンDサプリメント(10〜20μg、すなわち1日当たり400〜800IU)を摂取すると、50歳以上のすべての原因による死亡率が低下することが確認されたということです。日本の食事摂取基準では、18歳以上の男女で毎日5.5μgのビタミンD摂取が推奨されていますから(上限量は100μg)、一般的なマルチビタミン剤などを飲んでいても10〜20μgというのは達成することができません。いわゆるメガビタミン療法専用のビタミンDサプリメント(1粒25μgつまり1000IU)を摂る必要があります。マルチビタミン類では、大塚製薬のネイチャーメイドのマルチビタミンミネラルがビタミンD10μgで国産メーカー最高容量でした。

ビタミンDは日光浴で体内合成されますから、特に日射量の減る秋分の日から春分の日までの半年間(10月~3月)は重要になります。とにかく日光浴してビタミンDを飲めって事ですね!

大塚製薬ビタミンD

大塚製薬マルチビタミンミネラル