カテゴリー
トピックス

食べて温めろ

仙頭正四郎、漢方で免疫力をつける

漢方では体の状態を総合的に考えるので病原菌やウイルスを撃退する薬を投与するという考え方ではなく、感染症全般に対する免疫力を高めて対応する戦略を取るのだそうです。

そして医食同源、毎日の食事の中でも、体を温めたり熱を取ったりして感染症を予防したり、乗り越えていこうとする考え方で対応します。

従って、冬の時期に新型コロナやインフルエンザに対策するには、体を温める食材を重視して摂取するということになりますが、それは同時に体を冷やす食材を回避するということでもあります。つまり、冬の時期の健康を維持するためには、体を温める食材と冷やす食材を暗記して、食生活に活かしていかなければなりません。食生活で感染症対策ができていれば感染しても重症化の予防になることが期待できます。

※参考論文、中国薬膳調理のための食材分類

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jisdh1994/11/3/11_3_277/_pdf/-char/ja

・最重要=5つの熱性食材

(トウガラシ、コショウ、山椒、良姜、カラシ)これは食卓に常備して冬はいつも振り掛けましょう。

八幡屋礒五郎、七味唐辛子

シェフズチョイス、オーガニックブラックペッパー

マスコット、花山椒

安中散(良姜)入り大正漢方胃腸薬

S&B 名匠 にっぽんの からし

・必修の温冷食材

・体を温める穀類=もち米、玄米、みそ

・体を冷やす穀類=うどん、パン、パスタ、そば

・体を温める肉魚=鶏肉、羊肉、カツオ、ブリ、サバ、イワシ、マグロ

・体を温める飲み物=シナモンコーヒー、ジャスミンティー、酢

・体を冷やす飲み物=ビール、茶、麦茶

・体を温める野菜=ニンニク、ショウガ、ネギ、かぼちゃ、ニラ、コンニャク、もやし、らっきょう

・体を冷やす野菜=ほうれん草、なす、だいこん、きゅうり、レタス、トマト、セロリ

・体を温める果実類=梅、桃、あんず、プルーン、クリ、くるみ、さくらんぼ、オレンジピール(ミカンの皮、陳皮)

・体を冷やす果実類=みかん、バナナ、りんご、ナシ、スイカ、いちご

・実践編

サラダは要注意ですね。体を冷やす野菜が多いです。体を冷やさないサラダ野菜はキャベツです。冬はキャベツを多めに食べましょう。ニンニク、ショウガ、ネギは、体を温める3大野菜です。

穀類は、うどん、蕎麦、パスタ、パンは体を冷やすので夏季中心で、冬はモチや玄米の比重を増やしましょう。

おかずは、鶏肉、羊肉、カツオ、ブリ、サバが温まる食材ですから、これをローテーションで食べましょう。基本的に魚類は体を温める食材です。

酒類は、ビールが体を冷やすので夏に飲み、それ以外のものを冬季に飲むようにしましょう。少量のアルコールは血行促進します。

カテゴリー
トピックス

鉄分牛乳比較

日本人に不足しがちなミネラル、鉄分、カルシウム、マグネシウム、カリウムですが、特に月経初期の未成年女子には成長に欠かせない栄養素です。これを一挙に解決するのが、スーパーやコンビニで売っている「鉄分牛乳」です。未成年女子の居るご家庭では常備して対策すると良いでしょう。そして未成年じゃない閉経前の女性が居るご家庭では、月の半分位の期間に鉄分牛乳を常備すると良いでしょう。

じゃあ鉄分牛乳はどれを買えば良いでしょう。ちょっと気になったので成分比較してみました。すべてコップ1杯200mlあたりの栄養成分です。マグネシウムとカリウムの表示はありませんでしたが、普通牛乳だと200mlでマグネシウム20mg、カリウム300mgの摂取ができます。

Screenshot of www.meg-snow.com

※雪印メグミルク「すっきりCa鉄」・・・鉄3.4mg、カルシウム340mg、ビタミンD2.75μg、炭水化物10.1g、脂質1.2g

Screenshot of www.meiji.co.jp

※明治「ミルクラブ」・・・鉄3.4mg、カルシウム340mg、ビタミンD1.3µg、炭水化物11.2g、脂質2.4g

Screenshot of www.glico.com

※グリコ「カルシウムと鉄分の多いミルク」・・・鉄5.0mg、カルシウム483mg、ビタミンD2.8μg、炭水化物12.8g、脂質2.4g

Screenshot of www.morinagamilk.co.jp

※森永「PREMiL 1日分の鉄分」・・・鉄7.7mg、カルシウム481mg、炭水化物11.5g、脂質2.3g

ということで、スーパーでよく見かける、雪印メグミルクと明治の鉄分牛乳よりも、グリコや森永の方が鉄分が多くなっていることが分かります。免疫力を維持するといわれるビタミンDの配合量も各社バラツキがあります。目的に応じて使い分けることが良いでしょう。

・痩せたい時→雪印メグミルク「すっきりCa鉄」

・鉄分を増やしたい時→森永「PREMiL 1日分の鉄分」

・ビタミンDを補給したい時→グリコ「カルシウムと鉄分の多いミルク」

・無難に過ごしたい時→明治「ミルクラブ」

結局、ローテーションで買うのがお勧めということになります。

カテゴリー
トピックス

スキャモンの発育曲線

Richard Everingham Scammon による発達発育曲線は、幼児期から青年期の栄養補給の参考になるものです。大人は体力健康維持のために食事をしますが、子供は、体力健康維持に加えて「発育発達」のために食事をしています。ですから小中学生女子の鉄分や中高生のカルシウムのように、「大人よりも子供のほうが沢山食べなければならない栄養素」もあります。

勿論たんぱく質も筋肉や免疫細胞や血液の材料となるので重要です。子供にとっては、鉄分、カルシウム、たんぱく質がブレインフードと言っても過言ではありません。

子どもの将来は食事で決まる! 健康すくすくレシピBOOK

こちらの本に、おすすめレシピとして「スコッチエッグ」が紹介されていました。ゆで卵をひき肉で包んで揚げたり焼いたりするイギリス定番の料理だそうです。日本だとおでんで食べる「うずらがんも」が似た感じでしょうか。とにかく、卵とひき肉(魚のすり身)という組み合わせが発達期の子供にピッタリのレシピということですので、日常生活に取り入れてみましょう。

Screenshot of www.kikkoman.co.jp

※参考記事

新栄養素コリン

タンパク質