インフルエンザ対策ら~麺

Screenshot of www.nichiyaku.ac.jp

人気ラーメン店「麵屋武蔵」と「日本薬科大学」がコラボレーションして、寒波が到来する流行期に合わせて『インフルエンザ対策ら〜麺』を数量限定で販売するということです。

<商品概要>
・商品名:「インフルエンザ対策ら〜麺」
・販売期間:2019年1月26日(土)〜2月11日(月)
・限定数量:1日限定20食
・価格:1,000円(税込)
・販売店舗:「麺屋武蔵 神山」神田店

http://menya634.co.jp/storelist/kanda/

抗菌作用があり、免疫力を高め、腸内環境を整える働きが知られている竹炭を使った黒い麺に、滋養強壮効果があり造⾎機能を促進する働きがある烏骨鶏スープに、八角、高麗人参、肉桂、陳皮を使用した自家製ラー油で担々麺に仕上げているとのこと。

八角は、インフルエンザ薬 タミフルの原料としても有名だそうです。その他、薬味に、免疫力を高める松の実や、キャベツの酢漬け、体を温める熟成ラム肉、海老団子、ニラが使われているということです。

漢方でインフルエンザ対策というと、麻黄湯や、葛根湯や、小青竜湯が思い浮かびます。いずれも麻黄が入っているんですね。

ハーブティーだったら、エキナセアとエルダーフラワーでしょうか。体を温かくして、タンパク質を食べて良く寝るのがベストだと思います。マルチビタミンミネラルも良いですね。インフルエンザ発症したらラーメンどころではありませんから、上記のラーメンは予防的な考え方なんですね。

生活の木エキナセア

生活の木エルダーフラワー

大塚製薬マルチビタミンミネラル

フラワーアレンジメントが高次脳機能障害者の記憶力向上に効果

Screenshot of www.naro.affrc.go.jp

国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)と茨城県立医療大学は、事故や脳卒中などにより認知機能に障害を負った高次脳機能障害の方々がフラワーアレンジメントを利用した認知機能の訓練を実施すると、記憶力が向上し、その効果が3ヵ月間保たれることを発表しました。

※関連動画

なんとも不思議な話ですが、花を鑑賞した時のワクワクした気持ちが脳に刺激となって、脳が活性化するということなんでしょうか。脳機能障害の方に効能があるなら、普通の人や子供にも期待できるのではないかと思いました。庭いじりとか、ベランダのプランターとかでも、刺激はあるはずです。植物とのふれあいを生活に取り入れるべきですね。

野菜とアルギニンで血管を拡張せよ

Screenshot of ja.wikipedia.org

アルギニンから一酸化窒素NOが合成され、それが血管拡張作用を有すると言われています。一酸化窒素経由で狭心症に対応するのは、ニトログリセリンが有名ですね。この舌下錠投与で胸が苦しいという狭心症発作を緩めることができるのは体内で一酸化窒素が生成されるからなんですね。ニトログリセリンは医師の処方を受ける必要がありますが、普通の食品ですと、アルギニンでも一酸化窒素が生成されると言われています。野菜に含まれる硝酸塩からも一酸化窒素が合成されるという指摘もあります。

※アルギニンで末梢動脈閉塞患者における間欠性跛行を改善するという報告。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9809945

※アルギニンにより心血管疾患の管理を改善するという報告。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11408995

※緑葉野菜やビート由来の硝酸塩により心血管リスク減少を示唆する論文。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22882425

食品中のアルギニン含有ランキング(文科省食品成分DB、100gあたり)
ゼラチン・・・7.9g
とびうお煮干し・・・4.9g
するめ・・・4.7g
カツオ節・・・4.3g
高野豆腐・・・4.3g
ホタテ煮干し・・・3.5g
ビーフジャーキー・・・3.4g
ピーナッツ・・・3.3g
きなこ・・・3.0g
胡麻・・・2.9g
鶏ムネ肉・・・2.5g
豚ヒレ肉・・・2.5g
スケトウダラ・・・2.5g
アーモンド・・・2.3g
カシューナッツ・・・2.3g
くるみ・・・2.2g
海苔・・・2.1g
牛モモ肉・・・2.1g
ラム肉・・・2.0g
抹茶・・・1.9g

意外にゼリーが良いのですね。しかしゼリーは糖分も多いので、普段は大豆類やナッツ類や肉類で摂るのが良さそうです。このランキングを掛け算の九九みたいに覚えましょう。サプリメントで摂っても良いでしょう。

幸せラボ、MACA ENERGY マカ アルギニン シトルリン 亜鉛 全10種類