月: 2018年12月

  • ビタミンB1の抗ASD作用

    https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12195231 自閉症スペクトラム(ASD,発達障害)児のフルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)による治療法の予備的研究を報告する論文があります。 […]

  • 和食の唯一の弱点

    2013年にユネスコの世界文化遺産に登録された「和食」は、日本人の長寿の源泉と言われ、世界中から羨望の的となっている食生活です。 しかし、和食にも弱点はあります。それは、塩分と炭水化物(糖質)が多いことです。 現代日本に […]

  • 釣藤散の抗認知症作用

    ※釣藤散の脳機能改善効果を報告する記事 https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/147/3/147_157/_pdf ※釣藤散の脳血管性痴呆病態動物モデルにおける痴呆病態に対する […]

  • 抑肝散加陳皮半夏

    抑肝散の改良バージョン、抑肝散加陳皮半夏に抗認知症作用が期待されています。 ※認知症に対する抑肝散加陳皮半夏の効果http://www.kampoyubi.jp/material/clinical/pdf/GR-053. […]

  • 加味帰脾湯の記憶改善作用

    ※加味帰脾湯の記憶改善作用を報告する論文 https://ci.nii.ac.jp/naid/130005067374 不眠症や不安症に適応のある漢方薬加味帰脾湯に記憶改善作用もあることが報告されています。脳も複雑な臓器 […]