GFCF革命

内山葉子、パンと牛乳は今すぐやめなさい!

ちょっと衝撃的な題名ですが、要するに「何か不調があるならパンと牛乳をやめてみれば?」ということなんですね。勿論、認知症や物忘れや発達障害で困っている場合も含みます。GFCFは、グルテンフリー、カゼインフリーという意味で、小麦粉タンパクのグルテンと、牛乳タンパクのカゼインを控える食生活ということなんですね。

※参考動画

あのプロテニスプレーヤー、ノバク・ジョコビッチさんの不調を救ったのが、グルテンフリー食でした。いつも食べているパンに含まれるグルテンが身体に悪さをしているだなんて驚きです。

ジョコビッチの生まれ変わる食事

パンが主食の欧米ではグルテンアレルギー、セリアック病というのだそうですが、アメリカでは人口の1~4パーセントにまで増えてきているのだそうです。正式にセリアック病の診断を受ける程ではないけれど、「なんか疲れやすい」「なんかアレルギーっぽい」というレベルはあると思います。そういう場合でも「パンを減らす」という対策が考えられます。

現代人が食べている小麦パンは、品種改良によりタンパク質が増強され高度に加工されているもので、1万年前とほとんど変わっていない我々の遺伝子が慣れ親しんでいる食生活とは大きく乖離したものとなってしまっているのだそうです。

牛乳だって、現代の大量生産大量流通体制に適合させるために、加熱殺菌牛乳となっており、昔の人がクスリとして少量飲んでいた酵素たっぷりの生の牛乳とは完全に別物になっているのだそうです。

遺伝子が求めるものを食べろ!ということは、1万年前と同じものを食べろ、ということですね。1万年前ということは、要するに農耕革命前ということになります。狩猟採集民の生活です。

以前読んだエセルステインさんの本や、コリンキャンベルさんの本によれば、精製加工食品も、動物脂肪も、動物タンパクも避けた方が良いということですから、その場合は、玄米雑穀中心で、パン以外の全粒小麦(うどん類)や蕎麦粉(十割そば)などの主食にすれば良いでしょうか。グルテンの害に着目して、品種改良前の小麦「スペルト小麦」のパスタを食べる人もいるようです。

※参考記事

PBWF革命

血管をよみがえらせる食事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。