カテゴリー
トピックス

コーヒー貧血

Screenshot of www.byouin.metro.tokyo.jp

コーヒーや紅茶、緑茶、烏龍茶などに含まれるタンニンには鉄分吸収阻害作用があると言われています。そのため、コーヒーを飲み過ぎると貧血になってしまうのです。これをコーヒー貧血と呼びましょう。

「でも私コーヒー中毒だからコーヒーやめられないよ!」という場合はどうしたら良いのでしょう。

  • コーヒー(喫茶)と鉄分の摂取時期をずらす。具体的には、食事のあと30分から1時間以上の間隔をあけてコーヒーを頂く。食後のコーヒーをゆっくり頂く。この観点から考えると、英国のアフタヌーンティーの習慣は理にかなっていると分かります。
  • 鉄分とビタミンCをしっかり摂取する。ビタミンCは鉄分の吸収を助けます。日本人は鉄分不足ですから、意図的に摂取量を補強する必要があります。
  • ヘム鉄を意識して摂取する。鉄分には動物性のヘム鉄と、植物性の非ヘム鉄がありますが、ヘム鉄は非ヘム鉄の2倍以上吸収性が良いとされています。レバー類、赤身肉、牡蠣などを意図的に摂取しましょう。

※参考記事

ヘム鉄

※参考食品

DHC、ヘム鉄

オリヒロ、鉄+葉酸チュアブル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。