白湯健康法

蓮村誠 、病気にならない「白湯」健康法、PHP

1日3回、お湯(白湯)を飲むだけで健康を維持できるなんて驚きですね。しかし現代人は水分不足が指摘されており、厚生労働省のチラシでも1日1200ccの飲水が推奨されています。そのうちの一部を白湯にしちゃえば良いのです。

※参考URL 厚生労働省「健康のため水を飲もう」推進運動https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.html

代謝が上がると体温が上がりますが、体温を上げても温熱効果で代謝が上がることが分かっています。

※効率的な脂肪代謝を目的とした温熱刺激と運動の併用効果に関する研究

https://www.jstage.jst.go.jp/article/cjpt/2007/0/2007_0_F1023/_article/-char/ja/

この論文によると、安静時平均体温が36.5℃以下の場合は、41°C10分の半身浴で温浴後の代謝量が増加したということです。

特に普段の体温が低めの方の場合は、毎日湯船に浸かったり、白湯を飲んだりして、体温を高めることにより代謝を上げ体調を改善できるでしょう。軽く汗をかく程度の温浴と運動が効果的です。夏期のエアコンも要注意です。

※参考記事

子供も水を飲め!

オシッコしたくなるまで水を飲め!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。