スキャモンの発育曲線

Richard Everingham Scammon による発達発育曲線は、幼児期から青年期の栄養補給の参考になるものです。大人は体力健康維持のために食事をしますが、子供は、体力健康維持に加えて「発育発達」のために食事をしています。ですから小中学生女子の鉄分や中高生のカルシウムのように、「大人よりも子供のほうが沢山食べなければならない栄養素」もあります。

勿論たんぱく質も筋肉や免疫細胞や血液の材料となるので重要です。子供にとっては、鉄分、カルシウム、たんぱく質がブレインフードと言っても過言ではありません。

子どもの将来は食事で決まる! 健康すくすくレシピBOOK

こちらの本に、おすすめレシピとして「スコッチエッグ」が紹介されていました。ゆで卵をひき肉で包んで揚げたり焼いたりするイギリス定番の料理だそうです。日本だとおでんで食べる「うずらがんも」が似た感じでしょうか。とにかく、卵とひき肉(魚のすり身)という組み合わせが発達期の子供にピッタリのレシピということですので、日常生活に取り入れてみましょう。

Screenshot of www.kikkoman.co.jp

※参考記事

新栄養素コリン

タンパク質

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。