ピーナッツ薄皮の抗酸化作用

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24345046

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26787930

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24841877

ピーナッツの薄皮に含まれるレスベラトロールに強力な抗酸化作用があり、癌、心血管疾患、糖尿病およびアルツハイマー病のリスクを軽減し、老化を遅らせることに関与すると期待されています。お勧めなのは、薄皮付きで無塩のピーナッツです。薄皮(渋皮)を捨てないで皮ごと食べましょう。ピーナッツに含まれるアルギニンには血管拡張作用もあります。帝国ホテルのピーナッツクリーム、いつもパンに塗っています。

野菜とアルギニンで血管を拡張せよ
みの屋、素煎り千葉産落花生 帝国ホテル、ピーナッツクリーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。