オリーブオイルの抗炎症作用

エキストラバージンオリーブオイルに含まれる天然有機化合物オレオカンタールに、抗炎症作用があることが報告されています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AB

 
※エキストラバージンオリーブオイルにイブプロフェン類似作用が見られることを報告する論文
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16136122
 
ようするに、エキストラバージンオリーブオイルに抗炎症作用が期待できるということですね。

※食事性炎症指数とうつ病の関連性を報告する論文
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30319085

炎症指数とうつ病の関連性を指摘する論文もありますから、抗炎症作用を有する食品を摂ればうつ病の予防にもなるのではないかと考えられます。ようするに、定期的にオリーブオイルを摂ることはうつ病予防に寄与するのではないかと期待されるわけです。

※アルツハイマー病と炎症の関係を報告する記事
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27716676

定期的に抗炎症剤(アスピリンなどの非ステロイド性抗炎症薬NSAIDs)を服用しているリウマチ性関節炎患者にアルツハイマー病発症が少ないという疫学上の発見から、アルツハイマー病と炎症との関係が研究されるようになりました。

そういえば、105歳まで長寿を保った聖路加国際病院理事長の日野原重明先生は、毎日スプーン1杯のオリーブオイルを摂っておられたそうです。

※日野原重明先生のインタビュー記事
https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_746.html

執筆に講演に日本中を飛び回っていたあのバイタリティーはオリーブオイルから生まれたんでしょうか。オリーブオイルを活用する地中海食の過去記事はこちらを参照下さい。