言葉のクスリ、尋胡隠君


Screenshot of www.kangin.or.jp

(漢詩)

尋胡隠君 こいんくんをたずねる

渡水復渡水 みずをわたりまたみずをわたり

看花還看花 はなをみまたはなをみる

春風河上路 しゅんぷうこうじょうのみち

不覚到君家 おぼえずきみがいえにいたる

(意訳)

隠者の胡さんを訪ねた

川を渡り、また、川を渡り

道々花が咲いている

川のほとりの道を歩いていると春風が心地よい

いつのまにかあなたのいえのまえに来てしまったよ

(鑑賞)

春の休日気の向くままに出かけて歩いていると、いつのまにか隠者の胡さんの家に来てしまった。あなたと話していると心が休まって楽しい心地がするのだよ、ということですね。中国明代の高啓(1336-1374)のいわゆる「招隠詩」のバリエーションです。

仕事は忙しいかもしれないがちゃんと休みましょう。こころが広い友人を持とう。その友人に会いに行こう。そういう心持ちを描いた詩なんですね。

※参考書籍(尋胡隠君の漢詩も収録)

詩人別でわかる漢詩の読み方・楽しみ方


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。