カテゴリー
トピックス

テストステロンを増やしてウツを撃退せよ!

「肉をよく食べる人はウツになりにくい」「運動を沢山すると性欲が高まる」などテストステロンが影響しているのかなと思われる仮説を目にすることがあります。テストステロンが減少するからウツになるのか、ウツになるとテストステロンが減少するのか分かっていません。つまり、卵が先か鶏が先か分かりません。とにかく、男性も女性もテストステロンが減少すると元気が無くなるのです。

※Maturitas, March 2013Volume 74, Issue 3, Pages 230–234
「女性におけるテストステロン療法の神話と誤解」
https://www.maturitas.org/article/S0378-5122%2813%2900012-1/

神話1、テストステロンは男性のホルモンである。
→テストステロンは女性にも豊富に存在し生物学的に大いに活用されているホルモンである。

神話2、女性のテストステロンの唯一の役割は性欲を高めることである。
→テストステロンは女性の身体的および精神的健康に不可欠のホルモンです。

神話3、テストステロンは女性を男性化する。
→アンドロゲンの体内合成が薬理学的用量を超えなければ、テストステロンは女性または女性の胎児に男性化効果を持たない。

神話4、テストステロンは、枯れ声や声変わりを引き起こす。
→テストステロン療法が女性の枯れ声または不可逆的な声帯変化を引き起こすという決定的な証拠はない。

神話5、テストステロンは、抜け毛を引き起こす。
→テストステロン療法は、女性の頭皮の毛の成長を増加させる。

神話6、テストステロンは心臓に悪影響を及ぼす。
→テストステロンは心臓保護的であり、十分なレベルを維持することにより心疾患のリスクを低下させるという実質的な証拠がある。

神話7、テストステロンは肝障害を引き起こす。
→非経口テストステロンは肝臓に悪影響を及ぼさず凝固因子も増加させない。

神話8、テストステロンは、攻撃性を高める。
→テストステロン療法は、不安、イライラおよび攻撃性を減少させる。

神話9、テストステロンは、乳がんのリスクを高める可能性がある。
→テストステロンは乳房を保護し、乳がんのリスクを増加させることもない。

神話10、女性におけるテストステロン使用の安全性は確立されていない。
→女性の非経口テストステロン療法の安全性は、長期観察の結果、十分に確立されている。

男性の更年期うつ症状(LOH症候群=加齢男性性腺機能低下症)の治療法として、血中テストステロン濃度を測定した上で、テストステロンの補充療法が試みられることがありますが、テストステロン減少によるうつ症状が疑われている場合は、女性であっても、男性同様に補充することが選択肢となり得るのです。

家庭で日常生活の中で、テストステロンを増やす工夫を列挙しますので参考にして下さい。

・筋トレ(ロイシン、BCAA摂取による筋肉増強)
・危険を感じる興奮(銃の扱い、ジェットコースター、フィールドアスレチックなど)
・タンパク質&亜鉛摂取(カキ、肉類、大豆、卵、ココアなど)
・規則正しい生活
・十分な睡眠
・禁酒(1日1杯以下)
・禁煙
・肥満解消(BMI=20.75)
・ストレス軽減
・タマネギ・ニンニク摂取
・滋養強壮漢方薬(補中益気湯、十全大補湯)

味の素、アミノバイタルGOLD

ロート製薬、補中益気湯

クラシエ、十全大補湯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。