カテゴリー
トピックス

チャーガの抗炎症作用

Screenshot of ja.wikipedia.org

ロシアの民間家庭薬として使われている、カバノアナタケ(チャーガ、Fuscoporia obliqua)ですが、抗がん効果、免疫強化作用、活性酸素除去作用、抗エイズウイルス効果、抗インフルエンザウイルス効果、O-157などに対する抗菌作用、糖尿病や高血圧の予防と改善作用、アレルギー疾患の予防と改善作用、慢性肝炎や慢性腎炎の予防と改善作用などが期待されています。

※チャーガの毛細血管抗炎症作用

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31437163/

抗炎症作用が期待できるということは、血管性認知症の予防・改善作用も期待できる可能性があります。

※グルコシダーゼ阻害剤Fuscoporia obliquaによる食後血糖値の低下作用

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/18416085/

※チャーガによる炎症性腸疾患(IBD)改善作用

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30856346/

※参考食品

アマゾン通販、チャーガ関連食品リスト

FUJI Organics, チャーガ含有ブレインココア

北海道産 カバノアナタケ茶 チャーガ茶 ティーバッグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。