カテゴリー
トピックス

ヒハツの神経保護作用

Screenshot of ja.wikipedia.org

※胡椒とヒハツの脳虚血障害改善による神経保護作用

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30528673

※ピペリンの血圧低下作用

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19033825

胡椒とヒハツに含まれるピペリンに血行改善作用があり、脳血管障害に起因する認知障害を改善する可能性が指摘されています。血行改善するので血圧も下がります。

※パーキンソン誘発マウスにおけるヒハツの神経保護作用

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25857256

ヒハツの有効成分ピパーロングミンに抗がん作用や老化防止作用や抗リウマチ作用や認知機能改善作用も報告されています。

Screenshot of en.wikipedia.org

※ピパーロングミンの抗がん作用報告

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/32283222

※ピパーロングミンの老化細胞破壊作用を報告する論文

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27913811

※ピパーロングミンのラット抗うつ作用報告

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31503069

※ピパーロングミンの抗リウマチ作用報告

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29119225

※ピパーロングミンのマウス認知機能改善報告

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30066827

ヒハツは、胡椒に似たスパイスでインドや東南アジアでは昔から利用されてきました。ラーメンやスープや肉料理などに振り掛けるテーブルスパイスとして、胡椒と共に常備するのがお勧めです。ヒハツは紛れもなくスーパーフード、ブレインフードと言えそうです。夕食や寝る前に摂取して就寝時の血行悪化に備えるのがお勧めです。

S&B,ヒハツパウダー

S&B,ヒハツシナモン

大正製薬、ナチュラルケアタブレットヒハツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。