カテゴリー
トピックス

セロリで元気を出せ!

Screenshot of ja.wikipedia.org

※セロリの血糖低下作用

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29436564-the-effects-of-celery-leaf-apium-graveolens-l-treatment-on-blood-glucose-and-insulin-levels-in-elderly-pre-diabetics/

※セロリの抗炎症、脂質低下、抗糖尿病、低血圧作用

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31464016-beneficial-effects-of-celery-apium-graveolens-on-metabolic-syndrome-a-review-of-the-existing-evidences/

※セロリによるマウスの記憶改善、強制水泳と尾懸垂試験の不動時間減少作用。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28205135-apium-graveolens-extract-influences-mood-and-cognition-in-healthy-mice/

※セロリによるラットの抗うつ作用

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29943092-dl-3-n-butylphthalide-improves-lipopolysaccharide-induced-depressive-like-behavior-in-rats-involvement-of-nrf2-and-nf-b-pathways/

※セロリ抽出物ブチルフタリドの神経保護作用

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30587922-3-n-butylphthalide-exerts-neuroprotective-effects-by-enhancing-anti-oxidation-and-attenuating-mitochondrial-dysfunction-in-an-in-vitro-model-of-ischemic-stroke/

セロリは民間薬として、「リウマチによい」「痛風によい」「頭痛によい」「月経痛によい」などと言われていますが、近年の研究でヒトへの有効性の期待が高まっています。

セロリ抽出物であるブチルフタリド(NBP)に神経保護作用があると期待されています。認知機能や記憶力の維持に役立つ可能性があります。脳神経を保護することから、抗不安作用や、抗うつ作用も期待されています。

うつ病予防はメタボ回避して生活習慣病を予防し、太陽に良く当たり、軽い運動を継続することですが、食生活の中に定期的にセロリを取り入れる事も検討してみて下さい。管理人の家では、ミネストローネスープやわかめスープやミートソースにセロリを刻んで入れたりしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。