カテゴリー
トピックス

抗ストレスホルモンDHEAを増やせ!

Screenshot of ja.wikipedia.org

※独立行政法人国立健康・栄養研究所、DHEAの安全性・有効性情報

https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/indiv_agreement.html?741

副腎や性腺から分泌されるホルモン、デヒドロエピアンドロステロン(Dehydroepiandrosterone、略称 DHEA)は、老化プロセスを遅らせたり止めたり、あるいは若返らせる「若返りホルモン」としての効果が期待されています。DHEAの分泌量は20歳前後にピークに達した後、40代で約50パーセント、70代で20パーセント、85~90歳では5パーセント程度まで減少してしまうと言われています。

以下の効果があるとされます。

  • ストレス軽減
  • 循環器病予防
  • 糖尿病予防
  • 高コレステロール症改善
  • 肥満改善
  • 更年期障害軽減
  • パーキンソン病予防
  • アルツハイマー症予防
  • 免疫力アップ
  • うつ病予防
  • 骨粗鬆症予防

DHEAにはアンドロゲン(男性ホルモン)活性があるので、サプリメントなどで長期に大量摂取すると前立腺ガンの促進因子になる可能性があると報告されています。DHEAは直接摂取するよりも、食事の工夫をしたり、生活習慣を見直すことで自然に増やす方が良いでしょう。

※DHEAを増やす食材

  • ヤマイモに含まれるジオスゲニン
  • 納豆、黒豆
  • アボカド
  • いわし、さんま、アジ
  • ビタミンC(柑橘類、野菜)
  • ビタミンE(ナッツ類)
  • ビタミンB(レバー、ニンニク、大豆)

※DHEAを増やす生活習慣

  • 夜10時~夜中2時は寝る
  • 電車やバスで椅子に座らない
  • エレベーターやエスカレーターの代わりに階段を使う
  • 1日3回10分間の早歩き
  • 食事はひとくち20~30回良く噛む
  • 夕食は炭水化物を減らした軽めの食事
  • ぬるめの風呂にゆっくり浸かる
  • スクワットなどの軽い筋トレ

※沢井製薬参考記事

https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/theme/201704.html

※参考書籍

本間良子、しつこい疲れは副腎疲労が原因だった

 東京慈恵医科大学付属第三病院栄養部監修、長寿食材の選び方と最高の食べ方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。