ホルミシス

Screenshot of en.wikipedia.org
Screenshot of ja.wikipedia.org

放射線ホルミシス(radiation hormesis)は、高線量では有害な電離放射線が低線量では生物活性を刺激し免疫力を高め抗ガン作用を有するという仮説です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/放射能泉

岩盤浴とか、トルマリン浴とか、ラジウム温泉、ラドン温泉など、自然放射線量よりもほんの少し高容量の放射線を浴びることにより身体の免疫機構が刺激を受けて活性が高まるとされます。それでガンが良くなったという例も報告されています。これは未だ確立された科学見解ではありませんので、参考程度に活用すると良いでしょう。低容量の毒というのは、他に「紫外線(日光浴)」、「アルコール(飲酒)」、「運動負荷」などもホルミシス研究の対象とされています。アルコールも全然飲まないより多少は飲んだ方が良いということでしょうか。

※参考書籍

ホルミシス臨床研究会、医師も認める!! 健康&美容の最新療法 ホルミシスの力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。