ナツメグの抗不安作用

Screenshot of ja.wikipedia.org

ハンバーグなどに使われる香辛料ナツメグに含まれるミリスチシンにモノアミン酸化酵素阻害作用があり、モノアミンの分解を抑制して、要するに神経伝達物質の量を増やして、向精神薬作用(鎮痛作用、抗不安作用)があると言われています。

Screenshot of ja.wikipedia.org

例えば、市販のハンバーグの素に少量のナツメグを追加しまして、「元気が出るハンバーグ」を造るという作戦も考えられると思います。「肉好きの人にはウツが少ない」と言われますが、ハンバーグの場合はナツメグの相乗作用も効いていることになります。

ハウス、ハンバーグヘルパー(ナツメグ入り)

SB有機ナツメグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。