ルテオリンの抗ガン作用

Screenshot of ja.wikipedia.org

野菜類に含まれるフラボノイドであるルテオリンに抗ガン作用が報告されています。抗炎症作用、抗酸化作用、2型糖尿病の血糖抑制作用も期待されています。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30798142

それは、セロリ、ブロッコリー、ピーマン、パセリ、タイム、タンポポ、シソ、カモミール、ニンジン、オリーブオイル、ペパーミント、ローズマリー、ネーブルオレンジ、オレガノ等に含まれているということです。

日常生活での狙い目は、セロリ、ブロッコリー、ピーマン、ニンジン、オリーブオイルあたりでしょうか。カモマイル主体のハーブティーも良いですね。

味の素オリーブオイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。