カテゴリー
トピックス

お風呂で脳梗塞?

Screenshot of www.nhk.or.jp

42度以上の熱い風呂に入ると血栓の原因となるPAI-1が増加して脳梗塞を起こしやすくなるといわれています。

Screenshot of en.wikipedia.org

PAI-1は、主に内皮細胞で分泌されますが、脂肪細胞でも分泌されるので、肥満やメタボリックシンドロームでは血栓症のリスクが高まる原因となっています。お風呂で血栓ができるのは内皮細胞に高温の刺激を与えた時ということになります。

※バンレイシ科植物にPAI-1阻害効果の可能性を報告する論文

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27876785

Screenshot of ja.wikipedia.org

日本ではなじみの薄い植物ですが、バンレイシ科の植物にPAI-1阻害効果の可能性が指摘されています。なかなか入手は困難ですので、「ぬるい風呂に入る」「内臓脂肪を減らす」という2点で対策するのがよろしいかと思います。