動物の体温

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%93%E6%B8%A9

 

動物性タンパクや、様々な栄養素を摂取するために、動物の肉類も摂取する必要がありますが、一般に動物の体温はヒトよりも高めになっており、動物性脂肪はヒトの体内で凝固しやすい性質を持っています。タンパク質の摂取については、植物性タンパク質、魚類からのタンパク質と、動物類のタンパク質をバランス良く摂取すると良いでしょう。動物類ばかり摂るのは良くないということですね。

動物類の体温一覧
鯨:36.5度
馬:37.6度
牛:38.6度
豚:38.9度
羊:39.1度
鶏:41.7度
※出典『明解獣医学事典』チクサン出版社 1991.12など

この表を見ますと、どうせ動物の肉を食べるなら「鯨肉」がベストで、その次が「馬肉」ということになりますね!これはなかなか入手困難ですので、次善の策として牛肉の活用が考えられます。鶏肉ってヘルシーなイメージがあるので意外ですが、体温という観点では要注意ということのようです。