タイムの抗うつ作用

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0_(%E6%A4%8D%E7%89%A9)

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AB

 

タイム(タチジャコウソウ)から抽出されるチモールというファイトケミカルに動物実験で抗うつ作用があったという報告があります。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25958231

チモールは、中枢神経伝達物質のレベルを増加させ炎症誘発性サイトカインの発現を阻害することにより、うつ病マウスにおいて潜在的な抗うつ剤の役割を果たしたことを示唆した、ということです。

マスコット、タイム(フリーズドライ)

タイムの利用方法は、ハーブティーや、肉料理、ピザや、煮込み料理や、ドレッシングなどにスパイスとして添加することが考えられます。元気が出ないときは生活に取り入れると良いかもしれません。