僕らはみんな乳糖不耐症

http://lin.alic.go.jp/alic/month/domefore/2008/jun/spe-02.htm

 

こちらの記事によりますと、日本人の8割以上が乳糖を充分に分解できない乳糖不耐症であるとする調査研究があるそうです。乳児時代しか乳を飲まない哺乳類にとって、成人したら乳糖の分解が苦手になるのは普通の事なんだとか。日本人は遺伝的に乳糖の分解が苦手なんだとか。自覚症状が無くても、日本人のほとんどは乳糖の分解が苦手なんですね。

それで、牛乳を飲むとおなかがゴロゴロする、下痢気味になるからといって牛乳を飲まないと、ますます乳糖の分解が苦手になってしまうんだそうです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%B3%E7%B3%96%E4%B8%8D%E8%80%90%E7%97%87

 

牛乳や乳製品は、日本人に不足しがちなカルシウムの補給に役立つ食品ですから、乳糖不耐症と上手につきあって、栄養摂取していきたいものです。乳糖不耐症はアレルギーではありませんので、少量であれば乳糖を摂ること自体なんら問題は無いわけです。カルシウムが不足するとイライラの原因になると言われていますよね。

http://www.nyukyou.jp/council/20151203_6.html

 

乳糖不耐症の対策は、具体的には、

(1)毎日少量摂取する(コップ1杯以下)。
(2)牛乳の他に、ヨーグルトも摂取する。
(3)ナチュラルチーズも毎日少量摂取。

この作戦で大丈夫なようです。ヨーグルトは無糖のものを摂りましょう。