月: 2021年5月

  • ナリンジンの抗うつ作用

    柑橘類の苦味成分であるフラバノイドである「ナリンジン」に動物実験で抗うつ作用があることが報告されています。空腹時血糖値を下げる作用も報告されており、柑橘類は天然のインスリンと呼べるかもしれません。グレープフルーツやはっさ […]

  • カルバクロールの抗うつ作用

    オレガノとかタイムに含まれる炭化水素である「カルバクロール」にマウス実験で抗うつ作用が確認されたという報告があります。強制水泳運動や尾懸垂試験における不動時間が短縮されたと言います。 https://pubmed.ncb […]

  • ルテオリンを摂れ

    野菜類に含まれるフラボノイドであるルテオリンに抗ガン作用が報告されています。抗炎症作用、抗酸化作用、2型糖尿病の血糖抑制作用も期待されています。 https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/3 […]