カテゴリー
トピックス

興奮喜び興味で記憶力向上

Screenshot of surala.jp

ブレインフードの話題じゃなくてゴメンなさい。重要だと思ったので思わず御紹介しちゃいます。NTTドコモとeラーニングシステムの「すららネット」が小学校4年生から中学校3年生まで123名の生徒に対して行った実験で、学習前に「興奮」「興味」「喜び」の感情を持たせた場合に記憶力が向上することが確認されたということです。勉強するときは、興奮しながら勉強した方が効率が良いということですね。好きな科目、得意科目の勉強は効率が良いということです。得意分野を伸ばしましょうということでしょうか。どうしても興味が持てない分野の勉強は諦めるしかないかもしれません。勉強する前に、興味を持つ努力をすることが大切でしょう。

他にも、学習時に視覚だけでなく、聴覚刺激も活用して勉強した方が記憶力が高まるという研究があります。テキストの音読も効果がありますし、ランダムに作られたメロディーでも効果があるとする研究もあります。

※参考論文、教科書本文の音読が学習者にもた らす効果

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jade/10/1/10_KJ00009983692/_pdf/-char/ja

※参考論文、無作為に作られた聴覚刺激の学習の長期的な効果

http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/ja/14405

音楽、テキスト音読、興奮、興味、喜び、ここまで列挙すると何か思い出しませんか?はい、オペラですね!ナチスドイツがワーグナーを政治利用したという事例が思い出されます。宗教分野でも、ミサ曲とか受難曲のアリアや合唱などが、音楽劇の要素を持ち、「学習効果が高い」ことが理解できます。単なる読書よりも、教師とのコミュニケーションを取りながら興奮したり喜んだりしながら学習した方が良いということになります。動画閲覧も読書よりは良さそうです。youtubeやTEDで勉強することも一理あるというわけです。

「全国学力テスト」で8年連続1位の秋田県。その秋田県の中でもトップクラスの学力を誇るという人口2600人、村の93パーセントが山林という東成瀬村でも、子供の興味を引き出す様々な工夫がなされているようです。「自学ノート」は生徒が自分で学習テーマを決めて自分で調べてノートにまとめて学校に提出し、学校では優秀な自学ノートを「自学コンクール」で表彰しているのだとか。それを地域住民みんなで奨励して見守っているというのです。それはやっぱり、「興奮」「興味」「喜び」を伴った学習法ということになるでしょう。

※参考書籍

主婦の友社編、「学力日本一!」秋田県東成瀬村のすごい学習法

カテゴリー
トピックス

認知症の7つのリスク要因

Screenshot of www.who.int

WHOのレポートで認知症の7つのリスク要因として、次のものが挙げられています。

・糖尿病

・中年期の高血圧

・肥満

・うつ病

・運動不足

・喫煙

・低い教育レベル

「糖尿病」と「高血圧」と「肥満」と「うつ病」は、様々な生活習慣や食生活(ブレインフード)などで予防できますし、「運動不足」と「喫煙」も、運動を頑張って禁煙すれば予防できるのですが、「低い教育レベル」ってどういうことなのでしょう。

レポートによると、高所得国で、教育や職業的技能のレベルが高い場合に認知症の罹患率は低い可能性が示されているということです。

※参考論文、脳の予備力と認知症の関係

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16207391/

つまり、高度な教育を受けて、脳を高度に駆使する職業に就いて、病前のIQが高く、複雑な精神活動を継続している場合には、認知症発症リスクが低下するというのです。言うなれば「頭が良いひとは認知症になりにくい」という研究なのですね。高齢者になってからも複雑な精神活動を継続することが大事だというのです。それは仕事でも良いですし、趣味でもボランティア活動でも良いですが、若い人々と交流し、実質的に役割を負担して、議論したり、決断したりすることが大事ということなのですね。「頭の体操」を継続して下さいということですね。

頭の体操って、頭脳ゲームも含まれるでしょうか。囲碁・将棋・麻雀・数独などでしょうか。

吉原由香里監修、はじめての囲碁の教科書

羽生善治のみるみる強くなる将棋入門-5ヵ条で勝ち方がわかる

井出洋介、マンガでわかる!東大式麻雀入門

ニコリ、じぃじとばぁば ようこそ数独!

カテゴリー
トピックス

セロリで元気を出せ!

Screenshot of ja.wikipedia.org

※セロリの血糖低下作用

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29436564-the-effects-of-celery-leaf-apium-graveolens-l-treatment-on-blood-glucose-and-insulin-levels-in-elderly-pre-diabetics/

※セロリの抗炎症、脂質低下、抗糖尿病、低血圧作用

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31464016-beneficial-effects-of-celery-apium-graveolens-on-metabolic-syndrome-a-review-of-the-existing-evidences/

※セロリによるマウスの記憶改善、強制水泳と尾懸垂試験の不動時間減少作用。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28205135-apium-graveolens-extract-influences-mood-and-cognition-in-healthy-mice/

※セロリによるラットの抗うつ作用

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29943092-dl-3-n-butylphthalide-improves-lipopolysaccharide-induced-depressive-like-behavior-in-rats-involvement-of-nrf2-and-nf-b-pathways/

※セロリ抽出物ブチルフタリドの神経保護作用

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30587922-3-n-butylphthalide-exerts-neuroprotective-effects-by-enhancing-anti-oxidation-and-attenuating-mitochondrial-dysfunction-in-an-in-vitro-model-of-ischemic-stroke/

セロリは民間薬として、「リウマチによい」「痛風によい」「頭痛によい」「月経痛によい」などと言われていますが、近年の研究でヒトへの有効性の期待が高まっています。

セロリ抽出物であるブチルフタリド(NBP)に神経保護作用があると期待されています。認知機能や記憶力の維持に役立つ可能性があります。脳神経を保護することから、抗不安作用や、抗うつ作用も期待されています。

うつ病予防はメタボ回避して生活習慣病を予防し、太陽に良く当たり、軽い運動を継続することですが、食生活の中に定期的にセロリを取り入れる事も検討してみて下さい。管理人の家では、ミネストローネスープやわかめスープやミートソースにセロリを刻んで入れたりしています。