藍食でコロナに勝て

Screenshot of www.japanblue-ai.jp

藍は染色だけでなく薬草としても利用されてきました。『原色牧野和漢薬草図鑑』(北隆館発刊)には、「生藍の葉、乾燥葉、種子の生および煎じ液が、消炎、解毒、止血、虫さされ、痔、扁桃腺炎、喉頭炎に効果あり」と記されています。

Screenshot of www.hirosaki-u.ac.jp

弘前大学と東北医科薬科大学によると、藍には、インフルエンザウイルスやコロナウイルスに対する増殖阻害効果が期待できるということです。

藍の青いお茶 ティーバッグ入り 大 2.5g

徳島物産館、藍粉10g

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。